畑の学校

農作業・調理加工体験NEWS!

●畑の学校まめ組 第2回目 えだまめ収穫

今日は風が強い中、元気にえだまめを収穫に来てくれました
RIMG1179





まめ組さんは全4回の体験で今日は2回目です
えだまめ収穫はみなさん、楽しみにしていたようで
とても張り切っていました

はじめにえだまめの収穫についてテキストを使って
学びました
RIMG1182RIMG1192





えだまめは1株に100個ほどのお花が咲いて
そのうちの20~30個しかえだまめにならないというお話をすると、
「そうなんだ!」「1株になっている数を数えてみよう!」
と収穫に向けてワクワクしていましたよ

いよいよ収穫です
えだまめは株を根ごと引き抜いて収穫します
なかなか抜けなくて尻餅をついたお子さんもいましたよ
RIMG1200RIMG1206





収穫が終わった後はいよいよ試食です
「収穫したては美味しい!」「まめの味がとてもする!」
と夢中になって食べている方が多かったです
RIMG1236





食べ終わった後は感想発表会です
「抜くのが大変だった!」「えだまめの葉をとる作業が大変だった!」
など、いろいろな感想がありましたよ

今日は風が強い中お疲れさまでした!
お家でも美味しくえだまめを食べてください


次回は約1か月後の大豆収穫になります
美味しい味噌を作るために頑張りましょう




≪次回ご案内≫

収穫祭・畑の収穫祭2017

日   時 :9月9日()10日()10:00~16:00
「かんたん収穫体験」「体験農場クイズラリー!」
「おばけかぼちゃの重さを当てよう」
「トラクターと記念写真を撮ろう」など
楽しい企画がいっぱい!!
                皆様のご来場お待ちしております!





農作業・調理加工体験NEWS!

●畑の学校むぎ組 第3回
 脱穀、唐箕(とうみ)、ふるい、製粉


RIMG0849

今日は、朝からきれいな青空で
農作業日和な1日でした





むぎ組第3回目は、脱穀から製粉までを行いました


RIMG0850
手前から、
足踏み脱穀機
電動の脱穀機
唐箕 です



RIMG0851

今年のむぎ組さんの小麦は
こんなに沢山実りました!
順番に機械を使って、作業していきましたよ




足踏み脱穀機は意外とコツが必要で、大人の方も真剣に作業していました
RIMG0863RIMG0867RIMG0869







足踏み脱穀機に苦戦した皆さんは、そのあとの電動の脱穀機に、
「こっちのほうが楽チンだ~!!」と感動していました
昔の人はすべて手作業だったので、大変さがよく分かりましたね
RIMG0871RIMG0865RIMG0890







穂から実を取り出したあとは、風の力で、もみがらや葉くずを取り除く、
「唐箕(とうみ)」の作業をし、それによって分けられた実をさらに大きさで分ける
「選別(せんべつ)」の作業を行いました
RIMG0872RIMG0881






RIMG0932RIMG0908







そして、「製粉」をして、みんなが普段見ている小麦粉の状態になると、
「わ~!白くなった~!!」と驚きの声があがりました
RIMG0958RIMG0962RIMG0976







「小麦がちくちくして痛かった」
「選別の作業がおもしろかった」等
さまざまな感想を聞けました

次回は、皆さんが一生懸命育てた小麦粉でうどん作りです
今日一日、たくさんの作業おつかれさまでした



≪次回ご案内≫

じゃがいも枝豆収穫・じゃがいもとえだまめを収穫して畑で食べよう

日   時 :9月2日()3日()10:00 14:00
体験料金 :1口1,800円 ※4名様まで参加可





カリカリスティックえだまめを収穫してカリカリスティックを作ろう

日   時 :9月2日()10:00 14:00
          3日()14:00
体験料金 :1口 1,800円 ※4名様まで参加可

農作業・調理加工体験NEWS!

●畑の学校きび組 卒業式・収穫

はじめに、とうきびの収穫についてテキストを使って勉強しました
「とうきびのひげって絹糸という名前なんだ!」と言って驚いていましたよ

5月13日にみんなで植えた「味来早生130」の種が育って
収穫時期を迎えています
8月は涼しい時期が続いたので心配でしたが、
無事に収穫が出来て良かったです
RIMG0712







とうきびの収穫方法について説明した後は、いよいよ収穫です
絹糸の色がこげ茶色で大きく育っているものを収穫していきます!

「このとうきび美味しそう!」「面白い!」と
みなさん、コンテナいっぱいに収穫してくれました
「とうきびを収穫するのって、以外と力がいるんだ!」
「大っきい~」
いろんなことをかんじながら体験できたようです。
RIMG0730RIMG0721RIMG0742






RIMG0733RIMG0725RIMG0738






RIMG0752







「茹でたとうきびは皮をむいた時よりも色が綺麗になってる!」
「生でも茹でても美味しい!」
と言ってみなさんとうきびを夢中で食べていました

RIMG0762






試食の後は感想発表会と卒業式を行いました。
「収穫してすぐ食べた生のとうきびは美味しかった!」
「また、収穫したい!」
「あんなに小さな種が私の身長よりも高くなって美味しいとうきびになって、
本当に良い思い出になりました!」
など色々な感想ありがとうございました


卒業式では修了証書とアルバムを渡しました。
参加したきび組みなさんは、記念に飾ってみて下さいね
RIMG0786RIMG0792







みなさん、お疲れさまでした!
また、他の体験でもお待ちしております


≪次回のご案内≫

じゃがいも枝豆収穫じゃがいもとえだまめを収穫して畑で食べよう

日   時 :9月2日()3日()10:00 14:00
体験料金 :1口1,800円 ※4名様まで参加可





カリカリスティックえだまめを収穫してカリカリスティックを作ろう

日   時 :9月2日()10:00 14:00
          3日()14:00
体験料金 :1口 1,800円 ※4名様まで参加可

農作業・調理加工体験NEWS!


8月、はやくも中旬ですね。
あっというまに夏が終わってしまいそうで
ちょっぴり寂しい気持ちもしますが…
RIMG0058RIMG0057くるるの杜の体験農場は、いろいろな作物が
元気よく育っています







●とうきびを収穫して炭火で焼こう

その名のとおり、収穫したてのとうきびを、
炭火で焼いて食べる、なんとも贅沢な体験です

たくさんのお友達が参加してくれました
RIMG0054RIMG0082RIMG0085






クイズも大盛り上がりで、とうきびについて詳しくなったあと、
立派なとうきびを収穫しました
RIMG0095RIMG0097RIMG0102






RIMG0061RIMG0108






今回、収穫した「味来早生130」という品種は、
生でも食べられるほど糖度が高いという特徴があります。
RIMG0118RIMG0066






実際に糖度を計ってみたら、なんと驚きの「17度」でした

皆さん、
「生でも甘い~!」「みずみずしい!」と
新鮮なとうきびを味わっていましたが、
焼く前に食べ終わってしまわないか心配でした


炭火で焼いて、少し焦げ目がついてきたところで、
醤油を塗り塗り。
RIMG0076RIMG0121RIMG0123






香ばしい匂いがしてきたら、完成です

小さなお友達も、あっというまに1本完食していました
おうちでも新鮮な味を楽しんでくださいね


8月15日(火)14:00 の回も受付中ですので、
皆さまのご参加お待ちしております


《体験のご案内》

じゃがバター●じゃがいもを収穫してじゃがバターで食べよう

  8月19日() 20日()10:00 14:00
 1口 1,800円 ※4名様まで参加可
 ※所要時間2時間ほど



じゃがいもカップケーキ●じゃがいもを収穫してふわふわカップケーキを作ろう

  8月19日() 20日()10:00 14:00
 1口 2,300円 ※4名様まで参加可
 ※所要時間2時間ほど




農作業・調理加工体験NEWS!

夏休み真っ只中、皆様いかがお過ごしですか?
くるるの杜は、時折霧雨でパッとしないお天気でした


●畑の学校「むぎ組」 第2回目収穫

4月30日に種まきをした、小麦を
JAなんぽろ青年部の皆さんと一緒に収穫しました。
RIMG9661RIMG9667RIMG9668






小麦は草丈120センチ程に生長し、すっかり小麦色になっていました。

RIMG9669RIMG9676くるるの杜では、手作業で麦を刈っています。
農家さんも「手で刈るのは大変」「みんな一緒に頑張ろう」と
声をかけてくださいました。




普段、使う機会がない鎌ですが、皆さん農家さんの手つきを見て
手際よく収穫してくれました
RIMG9686RIMG9702RIMG9695






自分の背丈ほどの麦畑の中に入り「サラサラ音がする」「道が開けてきた」と楽しそうでした

収穫後は、束ねて昔ながらの方法島立てをして落ち穂拾いをしました。
RIMG9687RIMG9693RIMG9697






始めは、少し緊張気味でしたが
作業後はすっかり農家さんも打ち解け記念撮影です。
RIMG9730






次回は「脱穀作業」と石臼で粉引き体験をします。
0812小麦12




記事検索