●たんぼの学校「もち組」第5回目・卒業式●

5月の田植え・入学式から約半年が経ちました
今回のもちつきでもち組さんは無事、卒業を迎えました。

お天気に恵まれたもち組さん
RIMG6644RIMG6629






体験のある日はいつも晴れでしたね
青空の下、元気いっぱい農作業に汗を流しました
RIMG6651IMG_0039IMG_0050







6月から7月の日照不足、低温には悩まされましたね

台風は2回もやってきました

そんな厳しい環境でも、みなさんが一生懸命作ってくれたかかしたちがしっかりとたんぼを守ってくれました
IMG_6411IMG_6431IMG_6456







前回の脱穀・もみすり体験では、自分たちで育て、収穫したお米が白米になるところまでを学びましたね
IMG_0741IMG_0767





IMG_0777IMG_0780






今年のもち米は例年よりも比較的粒が小さめでしたが、
白くてきれいなもち米を約40㎏ほど収穫することができました

「はやくおもちを食べてみたい!」

そんな気持ちでわくわくしながら今日まですごしてきた生徒のみなさんも多いはず


さあ、いよいよもちつきです
午後に行われた「もち2組」の回には、
JAなんぽろ青年部の有志の方々にお越しいただき、もちつきのサポートを行っていただきました
IMG_1996






もち米は前日のうちに洗って一晩浸水させたものを、蒸かし器を使い、
たっぷりの蒸気でふっくら蒸していきます
IMG_1844






もち米が蒸かし終わったら、アツアツのうちに石臼に移し、杵でもち米をすりつぶしていきます。
IMG_2000






この作業の名前、、、なんと「はんごろし」っていうんです。ちょっとびっくりしちゃう名前ですね


しっかりともち米をつぶし終わったら

大人も子どもも力をあわせて
IMG_2007IMG_2016





「よいしょーっ

「がんばれー

「おいしいおもちになぁ~れ

応援の声を掛け合いながら、一生懸命杵をふるいました

つきたてのおもちは、ちいさく丸めて砂糖醤油やきな粉をつけていただきます
IMG_1917IMG_1918IMG_1923





きな粉は昔ながらの道具「石臼」を使って、自分で大豆を挽いて作っていきましたよ
IMG_2014IMG_2012IMG_1909IMG_1911








試食の後は、5月からの作業を振り返りながら、お米のクイズに挑戦

JAなんぽろ青年部のみなさんからは、お米のお話、大豆のお話、南幌で実際に取り組まれている農業のお話をパネルを使い、楽しくお話いただきました

もち組さんにとってはどれも簡単に感じたクイズだったかもしれませんね
IMG_2020IMG_2027IMG_2030







最後の感想発表会が終わった後は卒業式です
IMG_1954IMG_1958





IMG_1981IMG_2045IMG_2047






思い出のアルバム、卒業証書、みんなで育てたもち米の授与が行われました。

半年間にわたり、元気いっぱいにくるるの杜で農作業に触れてくださったみなさん。
一番心に残っている思い出はどんなものだったでしょうか?

田植えから収穫・脱穀まで、「イネ」が「おもち」として食べられるまでの秘密や農家さんの工夫を実際に体験して、
もっともっと「農業」や「お米」を身近に感じるきっかけになったのではないでしょうか?
RIMG6713RIMG7639RIMG9657






みんなで力を合わせて作ったお米からできたおもちの味は格別だったと思います。
お土産にもらったもち米にもなんだか愛着がわいてしまいますね

なによりこのくるるの杜で過ごした時間が、今はまだ子どものみなさんが大きく成長したときに、
ふと思い出してしまうような大切な家族の思い出になることを願っています
IMG_1983IMG_2049







またお会いできることを心より楽しみにしています
たんぼの学校「もち組」のみなさん、ご卒業おめでとうございます











《次回ご案内》

もちつきあんころ餅新米で餅つきをしてあんころ餅を作ろう
11月17日()18日(
10:00 14:00
1口1,800円 ※4名様まで参加可
※所要時間2時間ほど



うどん足でフミフミ手打ちうどんを作ろう
11月17日(
14:00
11月18日(
10:00 14:00
1口1,300円 ※4名様まで参加可
※所要時間2時間ほど