●新米でもちつきをしてきな粉を作って食べよう

今日は3連休の最終日、たくさんの方が体験に参加してくれました。
くるるの杜の水田で栽培したもち米と
体験農場で栽培した大豆を使って
きな粉もちを作って食べました。

もち米を蒸している間に、お米と大豆のクイズをしました。
「稲の種まきは何月にするでしょうか?」
「4月!」
RIMG4233




RIMG4244RIMG4240RIMG4135




「大豆はどんなものに加工されているでしょうか?」
「しょうゆ」「味噌」と
みんな元気に答えてくれました。
クイズの後は、いよいよもちつきときな粉作りです。

蒸かしたてのお米から、モクモクと上がる湯気をみて
みんなわくわくしていました。
RIMG4259RIMG4263RIMG4156





もちつきは、いきなりつかずにつぶす作業から始めます。
この作業は力がいるので、大人の方に参加してもらいました!

つぶし終わると、次はもちつきです。
「ハイ!」というスタッフの掛け声で
「よいしょ~!」と勢いよくついていきました。
大人から子供まで、顔を真っ赤にしながら力強くついていました。
RIMG4184RIMG4188




RIMG4272RIMG4265RIMG4268





きな粉作りでは、石臼を使い大豆を砕いていきました。

RIMG4281RIMG4166RIMG4179




参加者のほとんどが、石臼を使うのが初めてで
「きな粉、いい香り」と
夢中になって作業をしていました。

おもちときな粉が出来上がったら試食の時間です。
RIMG4203RIMG4209RIMG4220




RIMG4198RIMG4292RIMG4289




RIMG4288RIMG4294





「つきたてのおもち美味しい」「軟らかい」と
みんな、嬉しそうに食べていました。