10月26日(日)に、「ハロウィン用かぼちゃつくり体験」を行います。
ハロウィン用かぼちゃかぼちゃ1かぼちゃ3






かぼちゃ4かぼちゃ2

フェルトで顔を貼っても可愛いですが、
本格的に中身をくり貫いてハロウィンかぼちゃを作ります。



「かぼちゃって硬いし、くり貫くのって難しそう…」と思うかもしれませんが、案外簡単なんです!

①②③






①好きなように顔をマジックで書く。
②かぼちゃの下の部分を丸くカットして、中身を取り出す。
③マジックで書いた顔を切り取る。

これだけで大人の方でも、お子様でも誰でもハロウィン用かぼちゃをつくれちゃいます。
(ナイフを使うので、怪我だけには要注意!)


アメリカでは、11月の第4木曜日の“サンクスギビングデー(感謝祭)”まで
腐らなかったら、上出来とされています。

折角自分で作ったハロウィン用かぼちゃなので、出来るだけ長持ちさせたいですね。
なるべく風通しの良い場所に置いたり、漂白剤を薄めた液体をスプレーすると、腐りにくくなるそうです。


さあ、自分らしいかぼちゃを作って今年のハロウィンを楽しんでみませんか?




無題






りんごパフェ1この秋にお勧めのメニューは、「りんごパフェ」です。

シフォンケーキに、北海道産のリンゴのコンフィチュールをサンドした上に、
大人気よつ葉のソフトクリームを乗せています。
更にふわふわのシフォンケーキと、余市産の生のひめかみリンゴをトッピング。


酸味と甘みが丁度良いコンフィチュールは、ソフトクリームとも相性抜群です!
シャリッとしたひめかみと、シフォンケーキの柔らかさと、2つの食感が楽しめるのが良いですね。



untitled


11月28日(金)11:00~ JA道央の生産者「岡村さんとの交流会
 
 「はるちゃんのトマトケチャップ」でおなじみの岡村さんが、トマトの加工の仕方や保存方法などを
 教えてくれます。トマトケチャップを使った色々な料理を食べたり、裏ワザテクニックなども学べちゃうかも!?

場所:もりのかふぇ  料金:お1人様1,500円
お申し込み方法:事前予約制となります。もりのかふぇ店頭、またはお電話(011-377-8700)にて受付します。




イベント情報
10月25日(土) ①剣淵町 福有会による「でんぷん団子」の試食販売
           ②剣淵町 じゃがいもプロジェクトによる「じゃがいも」の試食販売

10月26日(日) ①平取町フェア 10:00~15:00
            ・糖度、酸味のバランスが取れた「びらとりトマト」や、胡瓜などの販売
            ・天候に恵まれて美味しく育った「新米ななつぼし」の販売
            ・「ニシパの恋人」ブランドのトマトジュースやケチャップなどの販売
 
           ②ハロウィン用かぼちゃつくり体験(当日受付)
             1回目 11:00~  2回目 13:30~ (各回先着50名様)
             直売所前テントにて行います。参加費は、かぼちゃ1玉550円です。

           ③アトリエタブリエによる「北海道産の小麦を使用したパン」の対面販売

25日・26日   ①越冬野菜の販売
            JA道央の漬け物用大根、白菜、キャベツ、聖護院大根、赤カブ、人参、長ねぎ、
            JAいしかりの大球キャベツなどを販売します。
     
           ②けんぶち絵本の里を創ろう会による「絵本の読み聞かせ」
             キャラバンカーでの絵本の読み聞かせや、紙芝居、エプロンシアターの他、
             絵本と紙芝居の販売も行います。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。