昨日の日曜日、体験農場ではプログラムが6つ用意されていて時間割がびっちり。
0821小麦畑


まずは畑の学校「春まき小麦組」。4月30日に種まきをしてから2回目の農作業が今日の収穫で、子供たちは小麦の生長ぶりに驚いていました。

手で刈るのは大変だろうなぁ~と思いつつ、私は別のプログラムと行ったり来たりしていたところ、小麦畑の形がみるみる変わって早送りで見ているようでした。みんなで協力する力を感じました!!

0821小麦20821小麦60821小麦7

0821小麦30821小麦80821小麦9

刈り取って、束ねて、はさかけして、子供たちも大人と同じ仕事をもくもくとこなします。最後は「落ち穂拾い」をして、なんと1時間15分で終了。

0821小麦100821小麦11

次回は「脱穀作業」と石臼で粉引き体験をします。

午後からは本日の収穫作業で畑の学校を卒業する「とうきび1組」の皆さん。

0821とうきび10821とうきび30821とうきび5

0821とうきび40821とうきび70821とうきび6

0821とうきび100821とうきび8←卒業証書が授与されました

「種まき」と「間引き作業」の日程が2回とも天候の都合で変更になったことも、「それも農業ですから!」とご理解いただき、あたたかい言葉をもらったとスタッフが喜んでいました。

午前中のさわやかな風に秋が近いことを感じたり、午後のジリジリとした日差しに残暑を感じたりしながら、「枝豆の収穫体験」と「とうきびのミニ体験」も午前・午後の2回ずつ行い、体験農場はフル回転でした。