2016年11月

農作業・調理加工体験NEWS!

●畑の学校「むぎ組」第5回目・最終回


5月の播種から始まった「むぎ組」もいよいよ最終回のうどん作りをしました!
RIMG1692RIMG1690








自分たちで育てた小麦を使って、足でフミフミしながらうどんを打ちました。
RIMG1694RIMG1714







RIMG1717RIMG1719








このうどん作りを楽しみに参加されていた方も多く、できあがったうどんを美味しそうに食べていましたよ
RIMG1724RIMG1727RIMG1734







最後は、修了証書と思い出アルバム、小麦粉を渡して全5回の体験を終了しました。

「むぎ組」は天候により播種作業が遅れ、途中も雨天で作業ができなかった日もありましたが、
収穫の時にはJAなんぽろ青年部の方たちも一緒に作業し、貴重な体験をしていただけたのではないかと思います。


北海道には良質な小麦がたくさんあります。この体験が終わった後も、北海道産の小麦をご家庭でも使っていただければ嬉しいです


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


≪次回のご案内≫

Aもちつきあんころ餅●新米でもちつきをしてあんころ餅を作ろう

日   時:11月19日()20日()10:00
体験料金:1口1,500円 ※4名様まで参加可



うどん●足でフミフミ手打ちうどんを作ろう

日   時:11月19日()20日()10:00
体験料金:1口1,200円 ※4名様まで参加可




じゃがいもとさつまいものチップスを作ろう●じゃがいもとさつまいものチップスを作ろう

日   時:11月19日()20日()14:00
体験料金:1口1,300円 ※4名様まで参加可




DSCF0962●さつまいものスマイルクッキーを作ろう

日   時:11月19日()20日()14:00
体験料金:1口1,300円 ※4名様まで参加可

アクが少ない野菜と、カーボロネロ

11月でも、直売所には北海道産野菜がたくさん入荷しています。

サラダごぼうJAきたみらい産「サラダごぼう」です。

一般的なごぼうと比べてアクが少ないのが特徴です。
肉質が柔らかく香りも良いので、サッと素揚げにしたり、
ごぼうサラダにしても美味しいです。


サラダ水菜恵庭市産の「サラダ水菜」です。

水耕栽培で育った水菜で、味にクセがなく、生でも食べられます。
茎も葉も一般的な水菜よりも柔らかいので、口当たりも良いです。
ですが水菜特有のシャキシャキ感は損なわれていません。


サラダほうれん草恵庭市産の「サラダほうれん草」です。

一般的なほうれん草はアクが強く、茹でるなどしてアク抜きをしますが、
サラダほうれん草はもともとアクが少ないので、そのまま生でも食べられます。



サラダ小松菜恵庭市産の「サラダ小松菜」です。

えぐみのもとであるシュウ酸が少ない小松菜です。
葉は柔らかいので口当たりが良く、茎はシャキシャキとした食感です。





黒キャベツ カーボロネロJAなんぽろ産の黒キャベツ「カーボロネロ」です。

イタリア原産の葉キャベツの一種で、ケールの仲間です。
火を通すと甘み旨味が出てきます。煮崩れしにくいので、スープや
トマト煮込みなどに向いています。イタリア原産なのでオリーブオイルとの
相性も良く、パスタにしても美味しいです。



イベント情報
11月12日(土) JA道央「はるちゃんのトマトケチャップ」の試食・対面販売

11月13日(日) 北広島市アン・ユイットによる、北海道産の小麦を使用したパンの対面販売

11月12日~13日
興部町ノースプレインファームによる、有機牛乳チーズヨーグルトなどの販売

11月14日(月)は、くるるの杜の定休日です。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

紫色の野菜

紫奏子紫色の白菜「紫奏子(むらさきそうし)です。

紫色が水に溶け出てしまうため、煮込み料理などには向いていませんが、
炒めたり、蒸したり、酢漬けにすると色が残って綺麗です。
食感も柔らかくて口当たりが良いので、サラダなど生で食べれる白菜です。



紅しぐれ紅しぐれ」です。

皮が紫色をした大根で、切っても薄ら紫色をしています。
酢漬けにすると、鮮やかな赤色になります。
煮物にも使えますが、大根おろしやサラダにした方が、綺麗な色を楽しめます。




紅くるり紅くるり」です。

皮も中の果肉も紅色をした大根です。
みずみずしくシャキシャキとした食感なので、サラダに向いています。
煮ると色が抜けてしまうので、大根ステーキなどの炒め物に合います。




紅はるか・ひめみつ北海道産のサツマイモもあります。

11月4日(金)に、JAとまこまい広域の生産者と職員の方々が来て、
サツマイモ「紅はるか」などの対面販売を行いました。
紅はるかは、火を通すとしっとりした食感になり、甘みが増します。
天ぷらにも、お菓子にも向いているサツマイモです。





イベント情報
11月5日(土)~6日(日)
漬け物用野菜の販売 ※数に限りがございます。予めご了承ください。
美雪堂による、北海道産の原料を使用した団子大福などの販売

11月6日(日)
①湧別町 芭露(ばろう)のカキ出荷組合による、カキの対面販売
②石狩地区産の新米ゆめぴりかの試食会

11月10日(木)
北海道産のシソを使用した「しそジュース」の試飲・対面販売


11月7日(月)は、くるるの杜の定休日です。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

農作業・調理加工体験NEWS!

●大豆を脱穀して味噌を作ろう

雪が降る寒い1日でしたが、今日もたくさんのお客様に来ていただきました。

今日は味噌を作るだけでなく、大豆の脱穀体験もできる内容の濃い体験!
まず、大豆についてのお勉強をしてから、大豆の脱穀をしました。
足踏み脱穀機に悪戦苦闘しながらも楽しく体験を行なっていましたよ!

RIMG1401RIMG1404RIMG1407カラカラの莢から、
大豆が出てきた!





RIMG1419RIMG1424RIMG1416







脱穀した後は、唐箕機を使って、莢やほこりを風の力で飛ばし、その後豆の選り分けをしました。


RIMG1428RIMG1430RIMG1431







次は、調理加工体験室へ移動して味噌作り
スタッフの方で柔らかく茹でた大豆をミンチ機でペースト状にし、よくほぐした麹と塩に混ぜました。


RIMG1435RIMG1444RIMG1448






野球ボール位の味噌玉を作り、樽の中へ投げ入れます。


RIMG1449RIMG1454思い切り投げ入れることで、
空気を抜き、良い状態で味噌を仕込むこと出来ます。






味噌を仕込んだ後は、去年スタッフが作った味噌と乾燥野菜を使って簡単味噌汁も作りました。
味噌の手入れの方法などをお話させていただきました。

1年後に今日の1日を思い出しながら、美味しい味噌汁を食べていただけると
嬉しいです!

~おまけ~
お客様から、お持ち帰り用の大豆(300g)は、どうやって使えばよいですか?との質問を受けました。
毎度、浸水して茹でるのは大変なので、いっぺんに浸水(1晩水に漬ける)し、茹でて小分けしたものを
冷凍すると使いやすいです。

その大豆を解凍して、ひじきの煮ものやゴボウとにんじんの煮ものなどに入れたり、
チリコンカン(大豆で)にするのも美味しいですよ。ぜひ試してみてくださいね。


≪次回のご案内≫


 てん菜シロップ・てん菜からシロップを作ろう(ホットケーキ付)
 
 日   時:11月12日()13日() 10:00
 
 体験料金:1,500円※4名様まで参加可




 じゃがいもとさつまいものチップスを作ろう・じゃがいもとさつまいものチップスを作ろう
 
 日   時:11月12日()13日() 14:00
 
 体験料金:1,300円※4名様まで参加可




モッツァレラチーズとピザ ・モッツアレラチーズとストリングチーズを作ってピザで食べよう
 
 日   時:11月12日()10:00
 
 体験料金:2,500円※4名様まで参加可



 モッツァレラチーズトストリングチーズを作ろう・モッツアレラチーズとストリングチーズを作ろう
 
 日   時:11月12日()13日() 14:00
 
 体験料金:1,800円※4名様まで参加可


記事検索