2016年09月

農作業・調理加工体験NEWS!

≪畑の収穫祭≫

●北海道をまるごと収穫しよう!(バーベキュー付)
この数日間、天候が不安定で雨の心配もしていましたが、
2日間あった『畑の収穫祭』を無事に終えることが出来ました


まずは、くるるの杜の畑の中で、えだまめやとうきび、じゃがいもなど6種類の作物を収穫しました
収穫方法を各作物前のスタッフに聞きながら、みなさん上手に収穫していました。
収穫は、各作物のクイズを解きながら行いました。
畑の中にはトラクターもあり、写真を撮るコーナーもありましたよ!


RIMG0184RIMG0218RIMG0225




RIMG0189RIMG0195RIMG0209




RIMG0200RIMG0202RIMG0206





収穫後はクイズの答え合わせ
みんなどのくらい合っていたかな?


RIMG0237『えだまめ(大豆)の根についている菌はなんでしょうか?』
『じゃがいもはどこの部分を食べているでしょうか?』

答えを知ると
『へ~っ!』『知らなかった!』と大人も子供もびっくりした様子でした。



そして、みなさん楽しみにしていたバーベキューを行いました。
今年は焼肉のたれなどでおなじみのソラチさんもスペシャルゲストとして加わり、
パワーアップしたバーべキューの時間となりました。


RIMG0242RIMG0250RIMG0245ソラチさんから、美味しいタレの作り方を教えていただき、ベースとなるタレにいちごジャムやレモン汁などを加えてアレンジ






RIMG0256RIMG0254自分で収穫したえだまめや、とうきびと一緒に
千歳産『うまい豚』、おこっぺウィンナー、おにぎりなどを
焼いて北海道産の食材を満喫した1日となりました





来週も再来週も体験は行います!(冬も行っています)

皆様にお会い出来ることを楽しみにしていますので、また顔を見せに来てくださいね。



●おばけかぼちゃの重さを当てよう!
「畑の収穫祭」終了後、おばけかぼちゃの重量を測定いたしました。
重量は、67.1㎏(小数点第2位以下四捨五入)となりました!
RIMG0262







残念ながら正解者はいらっしゃらなかったため、正解に近い10名様にプレゼントを発送いたします。
13日(火)に発送予定ですので、お待ちください。

なお、プレゼントの発送をもちまして正解者の発表とさせていただきますので、ご了承ください。



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


≪次回のご案内≫

お米を収穫しておにぎりを作ろう・稲刈りをして焼きおにぎりを作ろう

 
日   時:9月17日()18日()19日(
        10:00 
 体験料金:1,500円※4名様まで参加可



お米を収穫して「はさかけ」をしよう・稲刈りをして『はさかけ』をしよう

 
日   時:9月17日()18日()19日(
        14:30 
 体験料金:1,000円※4名様まで参加可



じゃがいもを収穫してスマイルクッキー・じゃがいもを収穫して
 スマイルクッキーを作ろう

 
日   時:9月17日()18日(
        10:00 
 体験料金:1,200円※4名様まで参加可



じゃがいもとにんじんを収穫していももちとジュースを作ろう・じゃがいもとにんじんを収穫して
 いももちとにんじんジュースを作ろう

 
日   時:9月17日()18日()19日(
        14:00 
 体験料金:1,300円※4名様まで参加可



枝豆と、夕顔と、リンゴと、パフェ

枝豆たまふくらJA新はこだて産の枝豆「たまふくら」です。
たまふくらは、味が濃くて大粒の“新丹波黒豆”と、
甘くて大粒の”ツルムスメ”を掛け合わせた品種です。

さやもぷっくりとしていて大粒の枝豆なので、食べ応えがあります。
甘みも強く、枝豆ごはんにしても美味しいですよ。




夕顔北広島市産の「夕顔」です。
皮を剥いてから、かつら剝きをして乾燥させれば、かんぴょうになります。

味にクセがなくトロッとした食感なので、煮物やあんかけに良く合います。
炒め物や天ぷらでも美味しく召し上がれます。
食べきれない場合は、皮を剥き種を取ってから冷凍保存もできます。





早生旭シナノレッド余市町産の「早生旭」です。
旭と同じで香りがよく、酸味の強いリンゴになります。
あまり日持ちしないので、美味しいうちにどうぞ。

 →余市町産の「シナノレッド」です。
 適度な硬さで果汁が多く、甘酸っぱさが美味しい
 リンゴです。





無題






とうきびパフェ
とうきびパフェ」です。
茹でたとうきびのシャキッとした食感がソフトクリームに
よく合います。とうきびジャムは濃厚な甘さで、
シフォンケーキにつけて食べても美味しいですよ。




プルーンパフェ
プルーンパフェ」です。
おっきな生のプルーンが2コ乗っています。
プルーンジャムは適度な酸味があり、ソフトクリームや
シフォンケーキの甘さを引き立ててくれます。




イベント情報
9月10日(土)
北の誉 純米原酒「侍ひやおろし」と、高砂酒造国士無双 純米酒ひやおろし」の試飲販売

9月11日(日)
アトリエタブリエによる、北海道産の小麦を使用したパンの対面販売

9月10日~11日
セイウニカによる、北海道産の原料を使用したジェラートの販売
さらべつ産業振興公社による、更別産うどんと、さらべつ和牛の串焼きやヨーグルトなどの販売


9月12日(月)は、くるるの杜の定休日です。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

農作業・調理加工体験NEWS!

●えだまめを収穫してずんだ餅を作ろう

朝方は雨が降っていたものの、体験時には青空が広がり収穫には、もってこいの1日となりました

まず、畑で『えだまめ』を収穫!
3種類のえだまめ『いわいくろ』『ユキホマレ』『音更大袖』を収穫しました。


RIMG0070RIMG0074RIMG0075







収穫した後は根を切り、ずんだ餅で使うえだまめを枝からはずしました。

収穫したばかりのえだまめを持って、元気に調理加工体験室へGO

えだまめをやわらかく茹でる間はお勉強タイム
どのようにえだまめが生育してきたかを学んだり、クイズをして楽しみました


RIMG0079えだまめのお花は1株に何個つくでしょうか?
①10個 ②50個 ③100個

正解は・・・?

100個!でも実になるのは20~30個ととても少ないのもえだまめの特徴です。


お勉強の後は、ずんだ餡作り。
えだまめを鞘から取出し、さらに薄皮を取り除きます。
ここが、ずんだ餅作りで一番大変なところかもしれませんね。

次はすりこ木とすり鉢を使ってえだまめをすり潰し、続いてご飯(もち米)もすり潰します。


RIMG0084RIMG0085すり鉢とすりこ木を使うのが初めての方も
いらっしゃいましたが、
みんな上手にすり潰していました!

えだまめをすり潰すと『いい香り~』と言っている
お客様もいましたよ


最後はラップを使って成型をし出来上りです



RIMG0087RIMG0089







収穫したての枝豆を使ったずんだ餅は、いかがだったでしょうか?
また、ぜひぜひ遊びに来てくださいね。
スタッフ一同お待ちしております



≪次回のご案内≫

くるるの杜の畑の収穫祭
9月10日()11日()10:00~16:00

体験農場では年に1度の「畑の収穫祭」を開催します。
様々なイベントを行いますので、ご紹介します!


●かんたん収穫体験(当日受付のみ)
C







好きな野菜を収穫して持ち帰る体験です。
たまねぎ、えだまめ、じゃがいもなどを1口300円で体験できます。


●体験農場クイズラリー
体験農場の野菜クイズにチャレンジ!
全問正解すると、各日先着80名(お子様限定)にすてきなプレゼントを差し上げます。


●おばけかぼちゃの重さを当てよう!
体験農場で育ったおばけかぼちゃの重さ当てクイズを実施。
正解に近い10名様に、直売所の加工品セット(2,000円相当)をプレゼント!
D差し替え









●トラクターと写真を撮ろう
体験農場で活躍しているトラクターに乗って写真を撮ろう!



皆さんぜひ遊びに来てくださいね!
記事検索