2015年11月

農作業体験NEWS!

雪で地面が真っ白になりましたね
雪道で転ばないようにお気を付けください


《農作業体験》

●たんぼの学校「こめ組」最終回

今回で最終回を迎えるこめ組は、調理室でライスケーキを作りました
PB291772







まず、トッピングで使うにんじんを薄く切って型ぬきをし、残った切れ端をみじん切りにします
そして、型ぬきしたにんじんとお好みの大きさに切ったいんげんを茹でていきます
RIMG0119RIMG0120






RIMG0121PB291784







続いて、いり卵を作り、ひき肉とみじん切りにしたにんじんを炒めます
お父さんお母さんと一緒に卵をかきまぜたり、一生懸命フライパンと格闘していました
RIMG0131RIMG0132RIMG0134







その後は、炊いたお米を3等分にし、3つのお米の層を作ります
1層目は、くるるの杜で栽培したハスカップを使った紫色のお米の層
2層目は、炒めたひき肉とにんじんを混ぜたそぼろご飯の層
3層目は、白米の層です
皆さん、くるるの杜で獲れたハスカップに興味津々でしたよ
PB291803PB291799PB291821






お米の層を作った後は、型にお米の層といり卵、トッピングのにんじんといんげんを入れて、
ギュ~と押していきます
PB291819PB291820PB291823






PB291818PB291815







そして、型を外すと…出来上がり

型を外したときに「お~」「すご~いと歓声が上がりましたよ
皆さんとてもきれいなライスケーキが出来上がりました
PB291837PB291839PB291841






PB291842PB291843






出来上がったライスケーキは「美味しいと皆さん好評でした

ライスケーキを食べた後は卒業式を行いました
今回、体験された皆さんには修了証書と卒業アルバム、栽培して収穫したお米がプレゼントされました
PB291858PB291861






半年間もの間、たんぼの学校にお越しいただき誠にありがとうございます
ぜひ、他の体験にもお越しくださいね




●杜の恵みでXmasのリースを作ろう

はじめに使う材料の説明をしました。
説明をしているときに材料の香りを確かめている子もいました
RIMG4345RIMG4337









材料の説明をした後は、ブルーベリーやお米、麦、大豆などのクイズをしました
お米と仲間の野菜に驚いたりしていました
RIMG4355RIMG4412







クイズの後はいよいよリース作りです
リースの土台にぐるぐると毛糸を巻いていきました

みなさん丁寧にリースの土台を作っていましたよ
「毛糸がふわふわして気持ちいい!と言いながら巻いている子もいました


RIMG4358RIMG4363RIMG4364






RIMG4414







毛糸を巻き終わった後は、お花や稲わら、
ブルーベリーの葉などを張り付けていきました
「これはどこに貼ろうかな?」とみなさん迷いながらも上手に作っていました
途中でリースを首にかけている子もいました
RIMG4374RIMG4376RIMG4377






RIMG4380RIMG4416RIMG4429






RIMG4387








完成させた後は発表会をしました
同じ材料を使いましたが、十人十色の作品ができましたよ
「どこに飾ろうかな?」と家族で相談されている方もいましたよ
RIMG4393RIMG4398RIMG4402






RIMG4430RIMG4438RIMG4407







おつかれさまでした
楽しいXmasを迎えて下さい


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

≪次回ご案内≫
●麦わら細工でクリスマスツリーのオーナメントを作ろう
 12月5日()6日()10:00 13:30
 1口1,200円 ※4名様まで参加可
麦わら細工







●照り焼きチキンと野菜いっぱいのピザを作ろう
 12月6日()10:00
 1口1,200円 ※4名様まで参加可
照り焼きチキンと野菜いっぱいのピザ







●さつまいものあめを作ろう
 12月6日()14:00
 1口1,000円 ※4名様まで参加可
さつまいもあめ





農作業体験NEWS!

≪農作業体験≫

すっかり雪景色になりましたね


●たんぼの学校「もち組」第6回目・最終回

最終回のもち組は、育てたもち米でもちつきをしました。

蒸かしたもち米を石臼に入れて、お米をつぶす作業からしました。
もちつきを経験したお子さん達も、この作業は初めてのようで、
興味深々でした

PB281715PB281741PB281744







もち米をつぶした後は、お待ちかねのもちつきをしました
「よいしょー!よいしょー!」の掛け声に合わせて、
おもちをついていきました。
PB281716PB281722







出来上がったおもちにつける「きな粉」も作りました

くるるの杜の畑で育った「音更大袖」という青大豆を炒って
石臼できな粉にしていきました。
PB281756RIMG4313RIMG4315







できあがったおもちを丸めて、きな粉をつけていただきました!
PB281753PB281754







つきたてのおもちは、「やわらか~い!」「おいしい!!」と
みなさん笑顔で食べていました

昼食会も終えて、最後は卒業式をしました。
修了証書と思い出アルバム、5月の田植えから育てたもち米を受け取って
たんぼの学校「もち組」は終了しました
PB281759PB281763PB281768







PB281766PB281767












お家でも、もち米を育てた事を思い出しながら
お赤飯やおこわなど、いろいろな料理にもち米を使って
食べていただけると嬉しいです



+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

≪次回ご案内≫
●麦わら細工でクリスマスツリーのオーナメントを作ろう
 12月5日()6日()10:00 13:30
 1口1,200円 ※4名様まで参加可
麦わら細工







●照り焼きチキンと野菜いっぱいのピザを作ろう
 12月6日()10:00
 1口1,200円 ※4名様まで参加可
照り焼きチキンと野菜いっぱいのピザ







●さつまいものあめを作ろう
 12月6日()14:00
 1口1,000円 ※4名様まで参加可
さつまいもあめ





シュトーレンと、黄芯白菜と、インカルージュ。

シュトレン①シュトレン②北海道小麦のシュトーレン」です。

シュトーレンは、クリスマスまでの4週間
(アドベント)に、少しずつスライスして食べます。
日が経つごとに熟成が進んでいき、風味が変わっていく
様を楽しんでみるのも良いですね。



黄芯白菜
黄芯(おうしん)白菜」です。
名前の通り、白菜の中心部分が黄色くなっている白菜です。

甘みがあって柔らかいので、キムチなどの漬物にしても食べやすく、
スープに入れても甘みが出て美味しいです。



インカルージュ
インカルージュ」です。
“インカのめざめ”が変異して、皮が赤くなったじゃがいもです。
インカのめざめと同じく、中は黄色く甘みが強い品種です。

油と相性が良いので、フライドポテトやグラタンなど合います。






untitled2




scan-3
第2回目の「農家の母さんの知恵袋交流会」の
開催が決定しました!!

母さんに教わる四季を彩る衣替えリース作り

クリスマスリース作り
草木を使って、季節の行事に合わせた衣替えが出来る
リースを作ります。リースのアレンジの仕方や、
四季折々の行事食について学びます。

ティータイム
徳光コーヒーのコーヒーと、
ひまわりの舎のジャムを添えたパンケーキ

講 師:ひまわりの舎代表・猪股 美智子
日 時:12月5日(土) 10:30~13:00
場 所:くるるの杜 もりのかふぇ
定 員:6名様(要事前予約)
料 金:1,500円(税込)
申込電場番号:011-377-8700(担当の菅田まで)






scan-4続いて、第3回目の「農家の母さんの知恵袋交流会」です!

母さん直伝とびっきりのクリスマスランチ

クリスマス料理
“はるちゃんのトマトケチャップ”を使った
美味しいクリスマス料理の作り方を学びます。

昼食会
ピザ、トマト風味のロールキャベツ、ミネストローネ

ティータイム
徳光コーヒーのコーヒーと、
オリジナルのクリスマスミニシフォンケーキ

講 師:はるちゃんのトマトケチャップ工房代表
     岡村 恵子
日 時:12月12日(土) 11:00~14:00 
場 所:くるるの杜 もりのかふぇ
定 員:8名様(要事前予約)
料 金:1,300円(税込)
申込電話番号:011-377-8700(担当の菅田まで)






イベント情報
11月28日(土) JA伊達市の生産者による、野菜の対面販売

11月29日(日) 
①くるるの杜の「肉の日」です。
②石狩地区の“ゆめぴりか”の食べ比べを行います。

11月28日(土)~29日(日)
北海道ダイニングキッチンによる、メロンパンコーンスープの販売

12月1日(火)から、新豆の量り売りが開始します。

11月30日(月)は、くるるの杜の定休日です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

農作業体験NEWS!

●新米でもちつきをしてきな粉を作って食べよう

今日は3連休の最終日、たくさんの方が体験に参加してくれました。
くるるの杜の水田で栽培したもち米と
体験農場で栽培した大豆を使って
きな粉もちを作って食べました。

もち米を蒸している間に、お米と大豆のクイズをしました。
「稲の種まきは何月にするでしょうか?」
「4月!」
RIMG4233




RIMG4244RIMG4240RIMG4135




「大豆はどんなものに加工されているでしょうか?」
「しょうゆ」「味噌」と
みんな元気に答えてくれました。
クイズの後は、いよいよもちつきときな粉作りです。

蒸かしたてのお米から、モクモクと上がる湯気をみて
みんなわくわくしていました。
RIMG4259RIMG4263RIMG4156





もちつきは、いきなりつかずにつぶす作業から始めます。
この作業は力がいるので、大人の方に参加してもらいました!

つぶし終わると、次はもちつきです。
「ハイ!」というスタッフの掛け声で
「よいしょ~!」と勢いよくついていきました。
大人から子供まで、顔を真っ赤にしながら力強くついていました。
RIMG4184RIMG4188




RIMG4272RIMG4265RIMG4268





きな粉作りでは、石臼を使い大豆を砕いていきました。

RIMG4281RIMG4166RIMG4179




参加者のほとんどが、石臼を使うのが初めてで
「きな粉、いい香り」と
夢中になって作業をしていました。

おもちときな粉が出来上がったら試食の時間です。
RIMG4203RIMG4209RIMG4220




RIMG4198RIMG4292RIMG4289




RIMG4288RIMG4294





「つきたてのおもち美味しい」「軟らかい」と
みんな、嬉しそうに食べていました。





調理加工体験NEWS!

≪調理加工体験≫
毎日少しずつ寒くなって、冬の訪れを感じますね
しかし、今日もくるるの杜には
元気なお客様が沢山参加してくれました


●じゃがいも丸ごとミルクパンを作ろう
RIMG4005




北海道産のはるゆたかブレンドという小麦粉から生地を作り
体験農場で栽培した、ノーザンルビー・男爵芋・シャードークィーンの
3つの種類のじゃがいもをそれぞれ包んでいきました。
RIMG4007RIMG4013RIMG4046




RIMG4044RIMG4024RIMG4018




生地作りでは「美味しくなぁれ、美味しくなぁれ」と言って
一生懸命に生地を作っていました。

「さぁ、焼きますよ」とスタッフが言うと
「早く食べたぁい」「ちゃんと焼けるかな」とみんな待ち遠しそうにしていました。
RIMG4047RIMG4048





焼き時間を利用して、クイズもしました。
「じゃがいもの仲間の野菜はなんでしょう?」
「トマト!」とみんな元気に答えてくれました。
RIMG4057




クイズが終わり、お片付けも終わった頃
パンが焼き上がりました。
RIMG4061RIMG4060




みんな、熱々のじゃがいもミルクパンを
「美味しい」「いいかおり」と
夢中になって食べていました。
お家でも作ってみてね。

●じゃがいものスマイルクッキーを作ろう
RIMG4066RIMG4065




クッキー作りでは、全粒粉入りの小麦粉を使いました。
じゃがいもはくるるの杜の体験農場で栽培したはるかを使いました。
小麦粉と砂糖とバターとじゃがいもを混ぜ袋に入れてめん棒で伸ばしていきました。
RIMG4094RIMG4100RIMG4070




伸ばした生地を冷凍庫で冷やし固めました。
型抜きで丸くかたどり、思い思いの顔を作っていきました。
RIMG4115RIMG4116




RIMG4120RIMG4127




焼いている時間を使って、クイズをしました。
「じゃがいもはどこの部分を食べているでしょうか?」
「茎!」
「小麦の仲間はなんでしょうか?」
「稲」
RIMG4110RIMG4107




子供も大人の方もクイズを通して、初めて知ったことばかりで
「勉強になりす」「友達にも教えてあげたい」と言っていました。
クイズを終え、クッキーが焼き上がりました。
RIMG4134RIMG4131




「美味しい」「お芋の味がする」など
スマイルクッキー作りでみんな笑顔になっていました。


記事検索