2015年10月

農作業・調理加工体験NEWS!

≪農作業・調理加工体験≫

秋晴れの良いお天気でしたね

●イネを脱穀しておにぎりを作ろう

始めに調理加工体験棟で、お米がどう育って脱穀できるようになったかを、
写真を使って説明していきました。
元気よくクイズにも参加してくれましたよ
RIMG3109RIMG3114







お米について詳しくなったら、ビニールハウスへ脱穀をしに向かいました。


9月頃に収穫してはさかけを行ったイネを、
足踏みと電動の脱穀機を使って脱穀をして唐箕(とうみ)をしていきます。
RIMG3128RIMG3131RIMG3135






RIMG3136RIMG3140







昔ながらの足踏み脱穀機を使って頑張って脱穀をしました。
みなさん、稲わらについていた実が綺麗にとれて、
「すごいおもしろい!」「楽しい!」と言っていました

脱穀が終わった後は唐箕(とうみ)という作業を行います。
実とゴミを風の力で分けていきました
一所懸命ハンドルをぐるぐると勢いよく回していましたよ
たくさんハンドルを回したので、「疲れた!」と言っている子もいました
RIMG3146RIMG3154RIMG3157








次は倉庫棟へ移動して、籾すり機とライスグレイダーと石取り機を使って、
籾が玄米になる過程を体験してもらいました。
「機械はすごい大きな音がするんだ!」と驚いている子や、
籾すり機の前で籾が外れた実をじっと見ている子もいました
RIMG3180RIMG3177RIMG3192







この玄米を精米機にかけると普段食べている白米になります。

最後は体験棟に戻って、おにぎりを作りました
「とっても美味しい!」「自分で握ったおにぎりは美味しいね。」と言っていました。
RIMG3196RIMG3202RIMG3203RIMG3210












脱穀して残った稲わらを使って、冬にはしめ飾りを作る体験などもありますので、
みなさん、是非ご参加ください




●ライスケーキを作ろう

くるるの杜の水田で収穫した新米を使って、
ライスケーキ作りをしました。

CIMG2077CIMG2083







ライスケーキの紫色は、夏に果樹園で収穫したハスカップを使いました。
ハスカップご飯を食べることが初めてのお客様が、
「おいしい!」とお話してくれました

具材を調理して、重ねていくライスケーキは
ちょっとしたお祝いにも使えますよ




●さつまいもを収穫してふわふわカップケーキを作ろう

体験農場でさつまいもを収穫して、
カップケーキ作りをしました。


さつまいもの苗を定植する様子から、収穫直前までの
お話をした後は、みなさんと体験農場へ向かいました。
RIMG3217RIMG3218RIMG3223







さつまいもはマルチシートを使うと、
家庭菜園でも比較的簡単に栽培できます


今日は「関東83号」という品種を収穫しました。
大きいいもがついていたり、本数が多かったりと
株によっていろいろでしたよ!


収穫したばかりのさつまいもを切って、カップケーキの生地を作りました。

RIMG3232RIMG3227








卵の白身からふわふわなメレンゲを作ったり、
さつまいものペーストに小麦粉や牛乳などを加えて
混ぜていきました。
RIMG3245RIMG3240







オーブンで25分焼くとできあがり!!!
できたて熱々のカップケーキを食べて、みなさん笑顔でした

RIMG3256RIMG3257








+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
≪次回ご案内≫

【ハロウィン特別企画】
●ハロウィンのかぼちゃパンを作ろう
10月25日()10:00 
 1口1,200円 ※4名様まで参加可

【ハロウィン特別企画】
●かぼちゃのスマイルクッキーを作ろう
10月25日()14:30 
 1口900円 ※4名様まで参加可

新豆と新米。

小豆
新豆が入荷し始めました。
新豆は水分が多く含まれているので、早く煮えやすいという特徴があります。

小豆はあんこの材料として使う他に、南瓜やサツマイモと一緒にぜんざいにしたり、
パウンドケーキ、クッキーなどのお菓子の材料としても使えます。



大正金時
大正金時は、十勝地方の大正村で多く栽培されていたことから、
この名前が付きました。
甘煮の他に、チリコンカンやスープなどにしても美味しいです。



白花豆

白花豆は、甘納豆にしたり、豆乳と一緒にスープにしたり、
モンブランなどのお菓子などにも使えます。



とら豆黒豆10月下旬に、紫花豆11月下旬に新豆入荷予定です。




おぼろづきゆめぴりか新米も入荷してきています。

今ずり米(その場で精米するお米)は、
1kgから購入できるので
食べ比べしてみるのも良いですね。



新米①新米②
今ずり米では、“ゆめぴりか”“おぼろづき
ななつぼし”の3種類が新米になっています。

5kgの袋のお米は
すべて新米です。





ななつぼしおにぎり①おにぎり②
惣菜コーナーでは、
新米のななつぼしを使った
おにぎりを販売して
います。







イベント情報
10月17日(土) 
JAいわみざわ青年部「第21回 情熱直送便」(10:00~15:00)
10:00~情熱米おにぎり、米ドンの配布 
      食育活動、重量当てクイズ(計5回行う予定です)
12:00~とん汁の配布
13:00~牛乳の配布

②JAびばい生産者グループ“つむぎ屋”による、乾燥野菜の販売

10月18日(日) JAきたそらちフェア
・新米の深川産ふっくりんこ、雨竜産ななつぼし、北竜産おぼろづきなどの販売
・長ネギ、ピーマン、カボチャ、リンゴなどの販売
・幌加内産の生そば、かけそばの販売
 (かけそばは11時より販売します。なくなり次第終了となりますので予めご了承ください。)

10月17日(土)~18日(日)
美雪堂”による、北海道産の原料を使用した大福団子などの販売

10月19日(月)は、くるるの杜の定休日です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

農作業体験NEWS!

晴れになったり、雨が降ったりと慌ただしい天気になりましたね

《農作業体験》

●たんぼの学校「こめ組」第4回目


今日のこめ組はJAなんぽろの青年部の方々と一緒に「脱穀」を行いました
いつもよりとても賑やかでしたよ
PA121178DSCF7106






授業の後は、ハウスに移動しました。
たんぼの学校では「脱穀機」を使い、脱穀を行います。
参加者の皆さん、初めて見る脱穀機に興味津々でした

スタッフから脱穀機の使い方を聞いた後は、早速脱穀の開始です。
「お米の粒がたくさん取れてる
「とっても楽しい
皆さんそれぞれ感想を言いながら時間の限り脱穀を頑張っていました
くるるの杜には3台の脱穀機がありますが、足踏みで動く脱穀機が一番人気がありました
DSCF7128PA121196PA121195






PA121197PA121198PA121211






また、「農家の方も脱穀機を使いますか」等、普段会うことのない生産者の方との会話も楽しんでいましたよ


さらに、ある程度脱穀が進んだ後は、唐箕を使いお米の実ともみがらやゴミに分けていきました。
PA121202DSCF7129






その後、みんなでお片付けし、記念撮影です
大人数での記念撮影となりました
DSCF7131DSCF7132DSCF7134






最後に行った絵日記発表会では、
「今回も楽しかったので、次回の体験も楽しみです
「早くお米を食べたいです」と言っていました。
PA121220PA121221PA121223






PA121224PA121226PA121227






次回は11月1日()です。
もみすりと選別を行い、昼食会の時におにぎりを食べますよ~



●畑の学校「3年生」最終回

10回にわたる3年生も本日で最終回を迎えました。
てるてる坊主をたくさん作ったおかげか体験中は雨が降りませんでした
(てるてる坊主の件につきましては、前回の畑の学校3年生の記事をご覧ください)

今日の3年生は、大豆と小豆の脱穀・唐箕、さつまいもとらっかせいの収穫をしました。

まず、大豆と小豆の脱穀・唐箕については、袋の中に大豆と小豆を入れて、棒で叩きました。
交代しながら、力いっぱい叩いていきましたよ
DSCF7138






叩くことでさやから出てきた実を取り、唐箕で大豆・小豆の実とそれ以外のゴミに分けていきました。
大豆・小豆の実はお持ち帰りいただきました
ぜひ、お家で乾かしてからお料理にお使いください
PA121248






次に、さつまいもの収穫ではスタッフからの説明を受けた後に、早速収穫して行きました。
マルチシートを破り、ツルを引き抜き、土を掘ってさつまいもを獲っていきます。
「大きいのが取れた~」と皆さん盛り上がっていましたよ
DSCF7146DSCF7142DSCF7147






また、らっかせいでも、スタッフの説明後に収穫です。
株元をもって引き抜いたら、土の中に隠れていたらっかせいが顔を出しました
「らっかせいってこんな形で出来るんだ」、「面白~い」と皆さん興味津々でした
DSCF7148DSCF7149






さつまいもとらっかせいも今日はお持ち帰りしました
食べた感想をお聞かせくださいね

この後は、菜園で最後の記念撮影をしました。
全部の作物の収穫を終え、とてもスッキリとしています
DSCF7157






さらに、最終回ということで、卒業式を行いました。
全ての体験に参加いただいた皆さんに修了証書とアルバムの贈呈をしました。
「アルバムがかわいい~」と言っていただき、スタッフも嬉しいです
DSCF7158PA121250






3年生の皆さんは今回で畑の学校は卒業になりますが、
くるるの杜にはまだまだたくさんの体験があります。
また、くるるの杜にお越しくださいね


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
≪次回ご案内≫
●イネを脱穀しておにぎりを作ろう
 10月17日()18日()10:00
 1口1,800円 ※4名様まで参加可
おにぎり脱穀







●ライスケーキを作ろう
 10月17日()18日()10:00
 1口1,200円 ※4名様まで参加可
ライスケーキ







●さつまいもを収穫してふわふわカップケーキを作ろう
 10月17日()18日()14:00
 1口1,500円 ※4名様まで参加可
さつまいもケーキ







●さつまいもを収穫して蒸かして食べよう
 10月18日()14:00
 1口1,500円 ※4名様まで参加可
さつまいも1

農作業体験NEWS!

≪農作業体験≫

●お米を育てて食べよう(最終回)

連休2日目の今日もたくさんの方にお越しいただきました

今日は9月23日に収穫・はさかけをした方がお米を脱穀・もみすりなどをしにいらっしゃいました。

体験棟で今日の脱穀から石取りまでの手順を説明した後、
脱穀を行うハウスへ移動しました
RIMG3056







はさかけをして乾燥したお米を、
足踏みと電動の脱穀機を使って脱穀していきました
RIMG3062RIMG3068








脱穀が終わった後は唐箕(とうみ)という作業を行います。
ここで籾(もみ)とゴミを風の力で分けていきました
一所懸命ハンドルをぐるぐると勢いよく回していましたよ

ハウスの中での作業が終わったら次は倉庫棟へ移動しました。
倉庫棟では、籾すり機とライスグレイダーと石取り機を使って、
籾が玄米になる過程を体験してもらいました。
「お米ってこんな風にできるんだ!」「ライスグレイダーって面白い!」
と言っていましたよ
この玄米を精米機にかけると普段食べている白米になります。
RIMG3077RIMG3090








最後は体験棟に戻って、
5月31日に自分たちで田植えをしたお米を使っておにぎりを作りました
「とっても美味しい!」「自分たちが田植えをしたお米は特別に美味しい!」と言っていました。
RIMG3092RIMG3094RIMG3095







おにぎりを食べた後は、育てたお米をお持ち帰りしてもらいました

田植えから収穫、脱穀とみなさん春からお疲れさまでした

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
≪次回ご案内≫
●イネを脱穀しておにぎりを作ろう
 10月17日()18日()10:00
 1口1,800円 ※4名様まで参加可
おにぎり脱穀







●ライスケーキを作ろう
 10月17日()18日()10:00
 1口1,200円 ※4名様まで参加可
ライスケーキ







●さつまいもを収穫してふわふわカップケーキを作ろう
 10月17日()18日()14:00
 1口1,500円 ※4名様まで参加可
さつまいもケーキ







●さつまいもを収穫して蒸かして食べよう
 10月18日()14:00
 1口1,500円 ※4名様まで参加可
さつまいも1

農作業体験NEWS!

今週は、前日まで台風や雨が続いていましたが、今日は久しぶりの青空です

《農作業体験》

●たんぼの学校「もち組」第4回目


今日のもち組はハウスで体験をしました!

始めに、今日行う作業について授業を行い、ハウスに移動した後は早速体験です
DSCF7083PA101143






ちなみに今日行った作業は「脱穀」(だっこく)です
脱穀は、収穫した稲穂から実を取り出す作業のことです。

始めに、前回収穫したもち米が脱穀できるまで乾燥が出来ているかを確認するため、
水分計を使い水分を測りました。
DSCF7088DSCF7089






その後、くるるの杜にある3台の脱穀機を使い、次々に脱穀を行いました。
電動の脱穀機と足踏みで動く脱穀機を順番に使っていきました。
DSCF7093DSCF7095DSCF7094






DSCF7092PA101157PA101154







「わ~すご~い」「きれいに実が無くなっているよ
皆さん、きれいに脱穀して実が無くなった稲を見て、皆さん大興奮です

ある程度脱穀が進んだら、もち米の実ともみ殻やゴミを風の力で分ける「唐箕」(とうみ)をしました。
唐箕のハンドルを皆さん一生懸命回していましたよ
PA101162DSCF7096






DSCF7097DSCF7098






その後、皆さんで稲わらやゴミを片付けた後は、記念撮影です
今日は、大活躍した脱穀機と唐箕と一緒に撮りましたよ~
DSCF7099DSCF7101






記念撮影後の絵日記発表会では…
「今日の体験も楽しかった
「お餅が出来上がるまでたくさん作業があることを知りました
「次回の体験も楽しみです」と発表がありました
PA101165PA101166PA101171






PA101173PA101174






次回は10月31日()です。
「もみすり」と「選別」を行います

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
≪次回ご案内≫

●さつまいもを収穫してあめを作ろう
さつまいも収穫あめ






 10月12日()10:00 
 1口1,500円 ※4名様まで参加可

●照り焼きチキンと野菜いっぱいのピザを作ろう
照り焼きチキンと野菜いっぱいのピザ




 10月11日()12日()10:00 14:00 
 1口1,200円 ※4名様まで参加可

●さつまいもを収穫してチップスを作ろう
さつまいも収穫チップス






 10月11日()12日()14:00  
 1口1,700円 ※4名様まで参加可

●イネを脱穀しておにぎりを作ろう
 10月17日()18日()10:00
 1口1,800円 ※4名様まで参加可

●ライスケーキを作ろう
 10月17日()18日()10:00
 1口1,200円 ※4名様まで参加可

●さつまいもを収穫してふわふわカップケーキを作ろう
 10月17日()18日()14:00
 1口1,500円 ※4名様まで参加可

●さつまいもを収穫して蒸かして食べよう
 10月18日()14:00
 1口1,500円 ※4名様まで参加可
記事検索