2013年10月

ホクレン大収穫祭 in 銀座三越

10月7日(月)から13日(日)まで銀座三越にて、
初めて「ホクレン大収穫祭」を開催しました。

たくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました!!

「くるるの杜」も12日(土)と13日(日)に食育・農育イベントとウィンナーなどお肉の加工品を販売しました。

くるるの杜の農場から運んだおばけかぼちゃが、みなさんをお出迎え!
20131013_10111220131013_101023







「ハロウィンかぼちゃにお絵かきをしよう!」では、おもちゃかぼちゃに自由に絵などを書いてもらいます
みんな一生懸命いろいろ書いていましたよ。

20131012_110828







見たことないかぼちゃに子供たちは興味津々!!

「おもちゃじゃないよ。本物だよ!」と言うと、みんなびっくりしていました

二日間で小さなお子様から小学生くらいの子供たち、約120人が参加してくれました。

この子たちは、「くるるの杜 野菜クイズ」にも参加してくれましたよ♪
20131012_113733IMG_1799[1]







お化けや♡・☆を書いたり、お母さんお父さんと一緒に協力しながら書いていましたよ。

私が書いた見本用のかぼちゃを真似して書いてくれる子供たちもいて、とても嬉しかったですね。

かぼちゃに絵を書いているときは、子供たちみんな真剣なまなざし!
すごい絵描きさんになるんじゃないかって思うくらい!
20131012_112234







「くるるの杜に行ったことあるよ」という方もいらっしゃいました。
とても嬉しかったです。

体験農場の作物もくるるの杜から配送して展示していました。
砂糖の原料「てん菜」のことを、意外にもたくさんの方が知っていました。びっくりです!
20131013_101045







かぼちゃにたくさんお絵かきして、インクが手についちゃって喜んでいる子や泣いちゃった子
お母さんのズボンにインクを付けてしまい、かぼちゃのお絵かきどころではなくなったのか、
お母さんのズボンをずっと気にしている可愛い子
「かぼちゃにお絵かきしない?」って聞いたら、元気いっぱい「したい!!」って言ってくれた子
書き終わった後に、知らないお友達が書いている絵が気になって何度も遊びに来てのぞき込んでいた子
「ハロウィーンまで、そしてクリスマスまで飾れたら」って言ってくれたお父さんお母さん
「まだ書くことができないから」と言って、シールをプレゼントしたら喜んでくれたお父さんお母さんと子供たち・・・

ここに書ききれないくらい、たくさん幸せな気持ちにしてくれた子供たちお父さんお母さんに出会うことができました

たった二日間でしたが、たくさんの方たちに参加していただくことができ、食や農について興味・関心をもっていただけたのでは、と思っております。

たくさんの笑顔をどうもありがとう!
書いてくれた「おもちゃかぼちゃ」たちが、みんなのお家で楽しんでもらえますように

ちょっと照れちゃったかな
今はどこに飾ってあるんだろう
20131012_152617







今回イベントを開催して、誰よりも一番楽しんで、元気にさせてもらえたのは私たちです!!
どうもありがとうございました

来年もぜひ遊びに来てね!!
みんなが成長していくのを楽しみに待っています♪

銀座のお友達が書いてくれた「おもちゃかぼちゃ」が、インフォメーションにてお出迎えをしています。
ぜひくるるの杜にお越しの際は、みなさん見てくださいね♪
20131015_091611







写真撮影にご協力いただいた皆様大変ありがとうございました。

今週の直売所~秋野菜編~

ヤーコン
野幌産の「ヤーコン」です。
見た目は、さつまいもに似ていますが、
梨みたいな食感と味で、シャキシャキしています。
生で食べるのも美味しいですし、きんぴらにして甘辛く食べるのも良いですよ。


豆量り売り
新豆の量り売りもスタートしました。「うずら豆」「大納言」「金時豆」の3種類です。
「うずら豆」はスープなどの煮込み料理に、
「大納言」は糖分が多いのでお汁粉やおはぎに、
「金時豆」は煮崩れしにくいので煮豆や蒸しパンに入れるのが向いています。


じゃがいも箱1じゃがいも箱2じゃがいも箱3






玉ねぎ箱
じゃがいもの箱売りも多数取り揃えています。
「男爵」「メークイン」「キタアカリ」「とうや」「シャドークイーン」「インカのめざめ」の
6種類があります。玉ねぎも、10kg・8kg・5kgの箱を揃えています。
贈答用にいかがでしょうか。


イベント情報
10月18日 惣菜コーナーで、ホクレンの卵「黄身丸」を使用した「バクダンおにぎり」を販売します。

10月19日 第19回情熱直送便
         ・JAいわみざわ産農産物の直売会
         ・岩見沢産のお米「情熱米」を使用したおにぎりと、農畜産物を使用した豚汁の無料配布
         ・「モンパリ」による北海道産小麦を使用したパンの対面販売

10月20日 ・北海道産の新豆の量り売り
        ・野菜の詰め放題
        ・北海道産食材を使用したビーフシチューの販売

10月19日・20日 ・多目的ハウスで、「学生シェフ週末レストラン」を開催します。
             宮島学園北海道調理師専門学校・製菓専門学校の学生が、
             牛肉を使った料理を販売します。
            ・北海道産食材を使用した「ソラチ札幌スープカレーの素」の試食・対面販売を行います。

今月の定休日は、21日(月)になります。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

農作業体験NEWS!

《農作業体験》
・たんぼの学校「こめ」組 脱穀

4回目になる「こめ組」は、脱穀と唐箕(とうみ)をしました。
脱穀を使って、穂から実を外す作業です。
コピー ~ P1140183コピー ~ P1140187コピー ~ P1140190







脱穀した実の中には、葉くずなどが入っているので、唐箕でゴミを飛ばして実だけにします。
風の力を利用してゴミを飛ばすため、ハンドルを持ってぐるぐると回し続けます。
コピー ~ P1140186コピー ~ P1140191







コピー ~ P1140192コピー ~ P1140193







恒例の記念撮影!
みんなの前には、脱穀し終わった稲わらが積んであります。
脱穀と唐箕後の実の重さは30kgほどでした
コピー ~ P1140194







絵日記の発表会では、
「脱穀機にお米を入れるのが難しかったです」
「いいお米と悪いお米に分ける機械(唐箕)のハンドルをまわして、がんばりました」
など、初めて使う機械や道具も上手に使っていた様子を発表していました。

次回は、もみすりと選別です。


●田植えをしてお米を作って、食べよう

田植え・稲刈りに続き、第3回目は脱穀とおにぎり作りをしました。

まずは、田んぼで脱穀をしました。
コピー ~ P1140202コピー ~ P1140201コピー ~ P1140207







脱穀をしたお米を運んで、唐箕もしました。
ハンドルを回して風を起こす強さと、お米を落とすスピードを合わせることが難しいと言っていました。
コピー ~ P1140205コピー ~ P1140204コピー ~ P1140198







引き続き、もみすりと精選をしました。
どちらも機械の入り口にお米を入れて、出てくるのを待ちました。
もみが取れて玄米になる様子などを見学しました。
コピー ~ P1140209コピー ~ P1140211







ここまでで、農作業は終了です。
最後に調理加工体験棟で、新米を使ったおにぎり作りをしました。
コピー ~ P1140212コピー ~ P1140213







コピー ~ P1140214コピー ~ P1140215コピー ~ P1140216










初めておにぎりを握る子供が多く、いろいろなおにぎりができました。

コピー ~ P1140219コピー ~ P1140220







コピー ~ P1140221コピー ~ P1140222







いただきまーす!
コピー ~ P1140225コピー ~ P1140226コピー ~ P1140224








田植えから4か月かかって、お米を食べることができました。
みなさん、お疲れ様でした!


≪次回ご案内≫
●さつまいもとだいこんを収穫しよう
  10月19日()20日()10:00・13:00
  1口 1,500円(さつまいも2株・だいこん3本収穫)



調理加工体験NEWS!

《調理加工体験》
●足でフミフミにんじんうどんを作ろう(大根収穫付)
10月13日(土)午前の調理加工体験では、くるるの杜の畑で育ったにんじんを使って、『足でフミフミにんじんうどんを作ろう』を行いました。
今回は、大根収穫付なので、自分達で収穫してからの加工体験です。
IMG_3560IMG_3561






調理加工体験室に戻り、まずは、にんじんをすりおろして生地に練りこみます。
IMG_3564IMG_3565IMG_3567






そして、生地を足で踏むこと数分間!みんな、頑張りましたよ。
IMG_3569






生地を寝かせている間に、食材クイズを楽しんでから、うどんの生地を「角だし」をしながら、伸ばします。
IMG_3570IMG_3571






伸ばした生地を細く切って茹でたものがこちらです。右側に写っているのは、惣菜屋さんのかきあげです。
すりおろした大根と一緒に、みんな元気もりもり完食していました。
IMG_3573IMG_3575IMG_3576






IMG_3578IMG_3580






10月14日(月)の午前中も同じプログラムを行いますので、この機会にぜひ参加してみてくださいね。

●じゃがいものふわふわカップケーキを作ろう
午後からは、くるるの杜の畑で収穫したじゃがいもを使って『ふわふわカップケーキを作ろう』を行いました。
じゃがいもの皮を剥いて、薄くスライスしてレンジを使って加熱します。
IMG_3583IMG_3584IMG_3585






加熱したじゃがいもが柔らかいうちにスプーンで潰して、材料を加えていきます。
ゴムベラを上手に使って、みんな混ぜていました。
IMG_3590IMG_3592IMG_3589






次は、卵を割って、卵黄と卵白に分ける作業。小さな子供が多かったので、お母さん、お父さんが活躍していました。
ハンドミキサーを使ってメレンゲを作ったら、生地を潰さないように、ふんわりと混ぜて出来上がり!
とっても簡単なふわふわカップケーキです。皆さんも体験してみませんか?

≪次回ご案内≫
●足でフミフミ人参うどんを作ろう(大根収穫付)
  10月19日(土)9:30~12:30 1口 1,100円

●『ハロウィン特別企画』
 かぼちゃのふわふわカップケーキを作ろう
  10月19日(土)14:30~16:00 1口 1,200円 

●『はるちゃんのケチャップ工房』のお母さんと本格トマトケチャップを作ろう
  10月20日(日)10:00~12:00 1口 1,600円(好評につき定員に達しました)

●『ハロウィン特別企画』
 かぼちゃのふわふわカップケーキを作ろう
  10月20日(日)14:30~16:00 1口 1,200円 


農作業体験NEWS!

今日は風が強く、小雨もぱらつく中での農作業体験でした。
しかし、収穫体験に参加してくれたお友達は、みんな元気いっぱいでした。
それでは、体験の様子をご紹介します

《農作業体験》
●さつまいもを収穫して、チップスを作ろう

みんな大好き、さつまいもチップス
まずは、チップスを作る前に、さつまいもについて少しだけ詳しくなってもらうため、
クイズを行いました
P1140130






Q.さつまいもの仲間は次のうちどれでしょうか?
1.ひまわり
2.あさがお
3.チューリップ

P1140133






大人から子供まで元気にクイズに参加してくれましたよ。
中には、全問正解した人もいました
クイズの後は収穫です。

さつまいものツルを引っ張って「よいしょっ!!」
P1140153P1140143









思っていた以上にツルが長く、みんなビックリしていましたよ。
しかし、さつまいもの収穫はここからが本番です!みんな上手にできるかな?
さつまいもを土の中から掘り出す作業ですが、なかなかでてきません
P1140154P1140146P1140147






想像以上に、長くて大きなさつまいもを掘出すのにみんな一生懸命!

頑張って収穫したさつまいもを見せてくれました。
P1140145P1140148P1140155P1140174













収穫した後は、長いツルを引きずりながらお片付をしました。
P1140157P1140156








次は、いよいよチップス作りです。まずは収穫をしたさつまいもを洗いました。

P1140158








洗った後は、スライサーを使ってさつまいもをスライスして油で揚げました。
P1140161P1140162P1140166






揚げ終わったら、紙袋にさつまいもと砂糖や塩を入れてシャカシャカ振ってできあがり
P1140172P1140171






頑張って収穫したさつまいもで、チップスを作って「美味しい」「もっと食べたい」と満足そうでした。
少し寒い中でしたが、みんな頑張って収穫してよかったね。

※クイズの答え  正解は2番でした。
  さつまいもはヒルガオ科で、あさがおも仲間です。

≪次回ご案内≫
●さつまいもとだいこんを収穫しよう
  10月19日()20日()10:00・13:00
  1口 1,500円(さつまいも2株・だいこん3本収穫)


記事検索