2013年09月

農作業体験NEWS!

朝方に少しだけ雨が降りましたが、その後はだんだんと晴れて、良い農作業日和になりました。
9/28(土)から開催されているJA道央フードフェスティバルの様子をお伝えします。

《農作業体験》
●収穫体験
28日(土)は恵庭市・江別市、本日29日(日)は千歳市の農家さんと一緒に、JA道央特産品のブロッコリー・にんじん・じゃがいもをくるるの杜の体験農場で収穫しました。

ブロッコリーは葉っぱがこんなに大きいです!
コピー ~ P1130983







にんじんは、土を少し掘ってから、葉と根を一緒に掴んで引き抜きます。
収穫が難しいところは、農家のみなさんがお手伝いをしてくれました
コピー ~ P1140009コピー ~ P1140004コピー ~ P1130998







コピー ~ P1140010コピー ~ P1140002






にんじんは、いろいろな大きさや形があり、抜いてみないと分からないところが面白いです。

他の作物も収穫するために、体験農場内を移動します。
コピー ~ P1130993







作物を収穫する前には、農家さんたちによる育ち方の説明やクイズもありました。
「ブロッコリーは花蕾ができて、1週間ほどで収穫します」
「千歳市は種いもの生産者が多いですよ」
など、いろいろなお話をしていました!
コピー ~ P1140014








野菜を収穫した後は、ピザ作りをしました。
収穫したばかりのブロッコリーとじゃがいもの一部を洗って切ります。そして、茹でている間にピザ生地を伸ばしました。
130929-1130929-2








野菜が茹で上がったら、さっそくピザ生地にトッピングします。
130929-3130929-4








ピザ釜でこんがり焼くと、できあがり~
__ 2








採れたて野菜と手作りピザを、みんな笑顔で食べていました
__ 4__ 3__ 1







野菜をたくさん食べて、元気いっぱいになってね!


調理加工体験NEWS!

《調理加工体験》
JA道央フードフェスティバル
●農家のお母さんに教わる料理
9月28日(土)調理加工体験では、JA道央フードフェスティバル『農家のお母さんに教わる料理』を行いました。
講師は、江別でお米を生産している、伊藤さんです。

まずは、『白玉粉でもちっとおやつ作り』をしてから、『かぼちゃとトウモロコシのポタージュ』を作りました。
かぼちゃを切ってみて「かぼちゃってこんなに固いんだ!」とびっくりした子もたくさんいました。
IMG_3510IMG_3505IMG_3506






IMG_3506IMG_3507IMG_3508






本日のメイン!北海道産のパスタとブロッコリー、カリフラワー、ロマネスコを使った、『ブロッコリーと仲間いっぱいのスパゲッティ』作りも行いました。
IMG_3511IMG_3512IMG_3513






頑張って作ったお昼ご飯。美味しく食べれたかな?
IMG_3520IMG_3522IMG_3518






9月29日(日)も同じプログラムを行います。
申し込みは残りわずかですが、この機会にぜひ参加してみてくださいね。
IMG_3523






【次回ご案内】
10月6日(日) ①10:00~12:00 ②14:00~16:00
 ●自分だけのオリジナルソーセージを作ろう  
   1口 1,800円(20~30本)




今週の直売所~新もの編~

新米が入ってきました。
今ずり米ゆめぴりか
第一弾は「ゆめぴりか」です。9月22日に新米になりました。
1kgから精米でき、分づきもクリーン米(無洗米に近い)・白米・七分・
五分・玄米と5種類の中から選べます。
「ほしのゆめ」は、9月28日に、「おぼろづき」「ふっくりんこ」は10月4日に、
「ななつぼし」は10月5日に新米が入荷予定です。

無洗米ゆめぴりか認定マーク
精米した袋売りの「無洗米ゆめぴりか」も新米です。
CMでおなじみの認定マークも、もちろん付いていますよ。
安全・安心で美味しい新米「ゆめぴりか」を
味わってみませんか?


幌加内新そば2幌加内新そば
幌加内産そばも、新物です。
9月21日・22日に行われた「新そばまつり」も
大盛況でした。
太めの麺で、コシがあってとても美味しいですよ。


イベント情報
9月28日~29日 10時~15時JA道央主催の「フードフェスティバル2013」を開催します。
10:00~ ・JA道央の農畜産物・加工品を販売します。
       ・JA道央産の食材を使用した「B級グルメ」を販売します。
       ・試食コーナーもあります。
        「北海道文教大学と共同開発中のパスタソース」「商品開発中のJA道央オリジナル餃子」
        「JA道央産小麦粉ゆめちから使用のゆめちからパン」
11:00~ ・親子で食育「クイズ大会」正解者には、素敵な景品が当たります。
11:45~ ・JA道央産の食材をたっぷり使った「豚汁」を無料で配布します。

・「出塚水産」が北海道産原材料を使用した揚げたて蒲鉾を対面販売します。
・「セイウニカ」が北海道産の野菜や果物、牛乳を原料としたイタリアンジェラートを販売します。
・キッチンどきどきで、ゆりねの食べ比べを行います。①10時②11時30分③14時④15時の4回行います。
・JA和歌山産「柿フェア」を行います。

9月28日 惣菜コーナーで、直売所の食材を使用した「おでん」を販売します。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

農作業体験NEWS!

今日は、風が強く少し肌寒い時もありました。
そんな中、たんぼで稲刈りをしました

●たんぼの学校「こめ組」収穫
「もち組」に引き続き、「こめ組」も収穫をしました!

収穫方法などを学んだ後は、さっそく鎌を使って収穫です。

コピー ~ P1130969コピー ~ P1130972コピー ~ P1130968







コピー ~ P1130967コピー ~ P1130970コピー ~ P1130966









イネが倒れている場所もありましたが、起こしながら収穫をしていきました。

収穫した後は、「はさかけ」ができるように、1束ずつ麻ひもで縛りました。
収穫のスピードが速まるにつれて、結ぶことが追い付かない場面もありました。
コピー ~ P1130961







収穫終了後、たんぼに落ちているイネを拾っていた子がいました。
みんなで育てたイネですから、大事ですよね。
コピー ~ P1130975







最後に「はさかけ」の前で、記念撮影をしました。
コピー ~ P1130976







絵日記の発表会では、
「初めて稲刈りをしたけど、だんだん上手にできるようになりました」
「イネをうまく結べなかったけど、コツを教えてもらってうまく結べるようになりました」
「自分で刈ったお米を食べるのが、楽しみです」
などの感想がありました。

次回は、脱穀です。
脱穀機や唐箕(とうみ)という機械を使って行います。


【次回ご案内】
9月28日(土)・29日(日) 10:00~12:00
●JA道央フードフェスティバル~収穫体験~
 地元JA青年部と一緒にじゃがいもやブロッコリー、だいこんの収穫を体験します。
 農家さんと野菜の話をしたり、くるるの杜スタッフによる野菜クイズも実施します。

対象:中学生以下の親子(1口3名様まで)   
1口 500円(収穫した野菜は、全て持ち帰り)

お申し込みは、専用用紙にFAXにてお願いします。

※収穫作物は、天候や生育により変更になる場合があります。

農作業体験NEWS!

《農作業体験》

この土日は穏やかな天気になりましたね。
絶好の農作業日和でした。

●たんぼの学校「もち組」収穫

稲穂の首もたれてきて、いよいよ収穫です!
コピー ~ P1130889







手作業で、1株ずつ収穫していきます。
コピー ~ P1130886コピー ~ P1130891コピー ~ P1130892







コピー ~ P1130893コピー ~ P1130894コピー ~ P1130895









収穫した後は、「はさかけ」をします。
コピー ~ P1130906コピー ~ P1130896









コピー ~ P1130901コピー ~ P1130903







イネを収穫して、束ねて、「はさかけ」をして、の繰り返しです。
家族で役割分担が自然とできていました。

1時間ほどの作業で、これだけ収穫できました!


コピー ~ P1130918コピー ~ P1130913








「稲刈り楽しかったです。また来たいです」
「最初はイネがあって土が見えなかったけど、みんなでがんばったら土が見えて嬉しかったです」
「できたお米でおもちを食べたいです」
などなど、楽しかった様子を絵日記にしていました

次回は脱穀作業です。
お米になるには、まだまだ時間と手間がかかります。


●田植えをしてお米を作って食べよう
5月の田植えから、収穫、脱穀をして、最後はおにぎりを作って食べるという
1年に3回実施するプログラムです。

今回は2回目の「収穫」です!

田植えの時の苗から見ると、ずいぶん大きく生長しているので、
驚きの声があがっていました

たんぼはぬかるんでいる場所もあり、長靴が脱げそうになりながらも、
頑張って収穫していました。

コピー ~ P1130948コピー ~ P1130952コピー ~ P1130954







このプログラムも、収穫したら、束ねて、「はさかけ」です。
小さいお子さんも稲穂を運んだり、お手伝いしていましたよ
コピー ~ P1130947コピー ~ P1130956







最後は、収穫した稲穂を持って記念撮影をしました!
次回は、脱穀しておにぎりを作りますよ
コピー ~ P1130959








●畑の学校「2年生」
8回目の今回は、じゃがいもの収穫と小豆の収穫・島立てでした。

テキストを使って勉強をした後は、じゃがいもの収穫からしました。
コピー ~ P1130922コピー ~ P1130923







コピー ~ P1130925コピー ~ P1130926







3品種を植えたので、掘る場所を変えると違う色のじゃがいもが出てきます。

全部きれいに収穫しました!
コピー ~ P1130941







合計で58キロのじゃがいもを収穫するのに、15分ほどしかかかりませんでした。
2年生はさすがに慣れています
収穫したじゃがいもは、全員で分けました。

一部のじゃがいもは、その場で蒸かして食べました
コピー ~ P1130939コピー ~ P1130938






コピー ~ P1130935コピー ~ P1130937







植付けから草取りなど地道に作業をして、おいしいじゃがいもができました!


小豆も収穫しました。
コピー ~ P1130927コピー ~ P1130932







「さや」を割ると、赤いきれいな小豆が見えました
小豆はさやが割れやすいので、丁寧に島立てをして終了です。


「土を掘ると、じゃがいもがたくさん出てきて楽しかったです」
「じゃがいもが美味しかったです」
などの感想がありました。

次回は、大豆の収穫になります。



【次回ご案内】
9月28日(土)・29日(日) 10:00~12:00
●JA道央フードフェスティバル~収穫体験~
 地元JA青年部と一緒にじゃがいもやブロッコリー、だいこんの収穫を体験します。
 農家さんと野菜の話をしたり、くるるの杜スタッフによる野菜クイズも実施します。

対象:中学生以下の親子(1口3名様まで)   
1口 500円(収穫した野菜は、全て持ち帰り)

お申し込みは、専用用紙にFAXにてお願いします。

※収穫作物は、天候や生育により変更になる場合があります。




記事検索