2013年01月

いちごを収穫していちご大福を作ろう

今日の午後1時からの体験は、農作業体験と調理加工体験の連動プログラム「いちごを収穫していちご大福を作ろう」が行われました。

ビニールハウスに入ると、「わぁ~、いちごだらけ!!」というかわいい声が聞こえてきました。
すぐにでも食べたいところをがまんして、いちごのお勉強とクイズをします。

0127いちご10127いちご20127いちご3

おいしいいちごの見分け方を教えてもらって、おまちかねの試食タイム。

0127いちご40127いちご50127いちご6

今日は「章姫(あきひめ)」と「さがほのか」が育つハウスで、2つの品種を食べ比べることができます。
お持ち帰りの1パックを収穫後、「練乳をかけて食べようかなぁ~、それともフォークでつぶしてジャムみたいにして食べようかなぁ~」と迷っている子がいました。お家ではいろいろな食べ方で美味しく食べてね~。

大福を作るいちごを自分で収穫して、調理加工体験室に移動しました。

0127いちご80127いちご0127いちご13

いちごを餡でくるんだら、おもちを作ります。

0127いちご140127いちご150127いちご16

ぷるぷるのおもちをのばして、いちごにかぶせるのですが、独自の方法でまんまるのいちご大福を作っていた男の子がいました。

0127いちご180127いちご17

ほかの方はこんな感じでできあがりです。

0127いちご190127いちご20

「美味しい!」と言って1個、「くるるのいちごはうまい!!」と言いつつもう1個・・・。
カメラを向けると一口食べて「グゥ~♪♪」。美味しい笑顔をくれました。



農家さん直伝プログラム

今日の調理加工体験は、「大根と鮭の甘酢漬けを作ってみよう」が行われました。
江別の酪農家、佐藤さんに教えていただきます。

0124甘酢漬け50124甘酢漬け30124甘酢漬け4

皆さん熱心にメモを取りながら作り方の説明を聞いています。

0124甘酢漬け60124甘酢漬け70124甘酢漬け8

0124甘酢漬け0124甘酢漬け100124甘酢漬け11

佐藤さんに教わりながら、もくもくと大根に鮭を挟んでいきます。
皆さん美しくできたのですが、すぐには食べられないのです。美味しくなるまでに5日ほどかかります。

佐藤さんが試食分を作ってきてくれました!!
「漬物」のおともには「お茶」ですよね~ということで「黒豆茶」作りも。

0124甘酢漬け10124甘酢漬け2

くるるの体験農場でとれた黒豆です。炒った豆を入れて炊いた「黒豆ご飯」もいっしょに試食です。
ご飯のお米もくるるの田んぼで作ったお米です。

0124甘酢漬け120124甘酢漬け13

ちょうどお昼時、ご飯と「大根と鮭の甘酢漬け」、黒豆茶をいただきながら、お話もはずみます。
とても楽しく、にぎやかに体験プログラムが終了しました。


農作業体験感謝祭

本日の体験は、「感謝祭~いちごを収穫していちごタルト作り」でした。
農作業体験と調理加工体験の連動プログラムで、日頃の感謝を込めた特別プログラムです。

0120感謝祭10120感謝祭2

ビニールハウスでいちごのお勉強とクイズが始まりました。

0120感謝祭30120感謝祭40120感謝祭5

試食と収穫体験をして、タルト用のいちごも収穫しました。

続いて調理加工体験室に移動して、いちごタルトを作ります。午前、午後とも満員でした。

0120感謝祭250120感謝祭230120感謝祭24

0120感謝祭70120感謝祭110120感謝祭

米粉でカスタードを作ります。ついつい味見をしてしまいますよね~。

0120感謝祭120120感謝祭130120感謝祭8

あとはいちごを切って、タルト生地に飾ってできあがりです。

0120感謝祭140120感謝祭170120感謝祭15

0120感謝祭190120感謝祭210120感謝祭26

みんな飾り方がいろいろで楽しかったです。
男の子は豪快に、女の子は丁寧に。

0120感謝祭220120感謝祭160120感謝祭20

0120感謝祭180120感謝祭いちごタルト

素晴らしい出来栄えですね~。
「作ってみたーい!食べてみたーい!」と思った皆さま、只今2月のプログラムで募集をしておりますので是非ご参加下さい。お待ちしています。



コンサドーレ選手がやってきた

本日、くるるの杜の農畜産物直売所でコンサドーレ札幌の選手3名が一日店長を務めてくれました。

0118コンサ701181日店長

開店前の朝礼では、「楽しく販売のお手伝いをさせていただきます!」と自己紹介とともに店長としての意気込みを語ってくれました。

もち米産地風連町の「ソフト大福」を担当したのは、小山内貴哉選手。かぼちゃやハスカップ、チーズなど10種の味を揃えて販売しました。

0118コンサ80118コンサ4

前貴之選手はキウイフルーツの試食販売。和歌山県産のキウイフルーツは、くるるの杜と直売所連携をしているJA紀の里「めっけもん広場」から直送されたものです。

0118コンサ10118コンサ2

お米コーナーでは、三上陽輔選手が「ゆめぴりか」や「ななつぼし」などの北海道米を玄米から精米してお客様にお渡ししました。

0118コンサ50118コンサ6

お客様は若手選手の皆さんひとりひとりに「今年の活躍を楽しみにしてるよ!」と声をかけ、選手の皆さんは、サポーターの大きな期待に笑顔で応えていました。



本日限定、おにぎりまつり

3連休の2日目。くるるの杜は晴れています。

0113くるる30113くるる2

開店早々、直売所の惣菜コーナーにおにぎりがたくさん並んでいました。
本日限定「おにぎりまつり」です。
具材はすべて直売所の商品で、8種類ありました。

0113おにぎり20113おにぎり3

0113おにぎり1←ハスカップとチーズのおにぎり。私はお昼に3つ食べました♪

調理加工体験室からスパイスのいい香りがしてきます。
ソーセージ作りが行われており、香辛料を選んで自分だけのオリジナルソーセージを作ります。

0113ソーセージ10113ソーセージ2

0113ソーセージ30113ソーセージ4


体験農場にある調理加工体験棟では、「もちつきをして紅白お汁粉で食べよう」が行われていました。

0113もちつき10113もちつき20113もちつき3

0113もちつき60113もちつき70113もちつき8

0113もちつき40113もちつき50113もちつき10

「小豆でできるものはなあに?」のクイズに「あんぱんまん」と小さな女の子が答え、別のグループの男の子は「ドラえもんの好きなどらやき」と答えていました。
小豆餡を使ったお菓子をたくさん答えてくれましたが、今日はくるるの畑でとれた小豆のお汁粉で食べます。

0113もちつき9

白い小豆もお汁粉にして、お正月らしく「紅白」で食べました~。

記事検索