2012年01月

農家さんプログラム「鰊漬け」

今日の調理加工体験は「農家の奥さんに教わる鰊漬け作り」でした。
講師を引き受けて下さったのは、当別町の谷口さん。

0122ニシン漬10122ニシン漬20122ニシン漬3

まずは用意された大根2本とキャベツ1個とその他の材料を切ります。大根は函館産、キャベツは和寒産の越冬キャベツです。

0122ニシン漬40122ニシン漬50122ニシン漬6

各テーブル、ボウルに材料が山盛りとなり準備OKです。

あとは鰊と野菜、塩と麹を入れながら漬け込んでいきます。

0122ニシン漬100122ニシン漬120122ニシン漬13

皆さんとても美味しそうにできました。重石をして水があがってくるのを楽しみに待ちましょう!

0122ニシン漬14

今日は小学生の女の子が挑戦していましたが、北海道の伝統食「鰊漬け」をずっとずっと作り続けてほしいですね。





農家さんプログラム

今日は農家さんプログラム「大根と鮭の挟み甘酢漬けを作ってみよう」が行われました。
講師は江別の酪農家佐藤さん。お嫁に来た時に義母さんから習った佐藤家のお正月料理だそうです。

0120大根漬30120大根漬2

昨年も好評だったプログラムで2年連続参加の方もいらっしゃいました。

佐藤さんは各テーブルを回り丁寧に教えていただき、参加者も熱心に質問をしていました。

0120大根漬70120大根漬8

とてもきれいで華やかな箸休めにぴったりのお漬物です。おひなまつりにもぴったり!!

0120大根漬5

今日作ったものが食べられるのは1週間後から。それまでしっかり甘酢液をかぶせて重石をしておきます。
試食用に佐藤さんが事前に作っておいてくれました。
鮭の旨味と大根がよく合って美味しいお漬物でした。

0120大根漬6



感謝祭

昨日と今日はくるるの杜で「感謝祭」が行われました。
「感謝祭」は、昨年1年間に農作業体験と調理加工体験に何度も来ていただいた皆さんに感謝を込めてご招待する特別プログラムです。参加のご案内をしたところ多くのご応募があり抽選となりました。
特別プログラムの内容は「イチゴ収穫とイチゴ大福作り」です。

12感謝祭512感謝祭812感謝祭912感謝祭7

まずはハウスに行ってイチゴを味みして大福作りのイチゴを自分で収穫します。おいしいイチゴの見分け方の説明と収穫の仕方を聞いた子供たちは、イチゴにまっしぐら!!広いハウスの中ですぐに姿が見えなくなってしまいました。味みをするのはおっきいイチゴ!イチゴ大福用には説明のとおりちゃんと小さめのイチゴを選びました。

イチゴを大事にパックに入れて調理加工体験室に移動です。

12感謝祭1012感謝祭112感謝祭212感謝祭3

イチゴのヘタをとって餡でくるんで白玉粉でお餅を作ります。

12感謝祭1112感謝祭1212感謝祭1312感謝祭14

お餅は火にかけながら手早くかき混ぜなければならないのでお父さんが大活躍。できたお餅をちぎって丸くのばしてイチゴを包んで「イチゴ大福」のできあがりです。

12感謝祭1512感謝祭1612感謝祭1712感謝祭4

いつも農業体験に参加しているご家族には「調理加工体験も楽しい!」と言っていただき、調理加工体験にしか参加したことがないご家族には「今年は農作業体験も!」と両方の楽しさを実感していただき、スタッフ一同とてもうれしい「感謝」の2日間でした。


コンサドーレ札幌の4選手が1日店長!

本日、くるるの杜の農畜産物直売所でコンサドーレ札幌の4選手が1日店長を勤めました。
開店30分前の朝礼にも参加、その後お米やお肉の売り場について販売やレジのお手伝いをしていただきました。
0113コンサ10113コンサ40113コンサ5

0113コンサ60113コンサ70113コンサ3

慣れない仕事でしたがお客様とも気軽にふれあい、ピッチの上とは違う表情をみせていました。

その後、調理加工体験室で北海道教育大学の学生さんと北海道産食材を使った調理実習に参加し、ご飯の炊き方やお味噌汁の作り方を教わり、煮物と卵焼きを学生さんたちと協力して調理しました。

0113体験塾70113体験塾50113体験塾8

0113体験塾60113体験塾20113体験塾9

0113体験塾30113体験塾4

今年はJ1で活躍するコンサドーレ札幌の選手の皆さん、毎日おいしいご飯を食べてがんばってほしいですね。




レストラン便り

あけましておめでとうございます!
本年もレストランをよろしくお願いいたします!

1月7日から営業スタートしましたが、この3連休はたくさんのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございます。
年末はあまり雪が積もっていませんでしたが、休み明けはこの通り・・・
ブログ画像 201ブログ画像 202

3連休のメニューには珍しく魚介類を使ったお料理がでました
ブログ画像 200
『ホタテ入り五目ちらし』

甘くて美味しい和寒産『越冬キャベツ』
ブログ画像 199ブログ画像 203
越冬キャベツとは秋に収穫したキャベツを冬に降り積もった雪の中で貯蔵し、春までに少しづつ掘り起こして出荷するキャベツです。
平均の糖度は10度で、芯に近づくほど甘くなります。
なぜ甘くなるのかというと、雪の下のキャベツが「凍らない様に、凍らない様に・・・」と糖度を出し、たんぱく質がアミノ酸(うま味成分)の変化するからだと考えられています。

松田のマヨネーズと無添加味噌を付けて召し上がって頂きました☆
そのままでもすごい甘く、美味しかったです。
すごい人気で、直売所でもこのキャベツが売り切れた程(゜▽゜)!!

冬の旬野菜、恵庭産『ゆりね』を使ったクリームリゾット
ブログ画像 205
愛別産『えぞゆきのした』(きのこ)入りで、これも人気でした~
寒くなるとクリーム系のお料理が恋しくなりますよね^^*

今年も北海道産の野菜を中心に、素材の味を活かした美味しいお料理を提供していきますので
スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております☆






記事検索