2011年11月

レストラン便り

明日から12月!という事で、レストランはクリスマス仕様に衣替えです☆

日曜の営業終了後にツリーを飾りました♪
ブログ画像 182
組み立て中・・・

オーナメントは、くるる産の小麦『春よ恋』や脱穀後の稲穂、マツボックリなどの
チーフお手製のものを沢山飾りました(^^)/
ブログ画像 179ブログ画像 178
ブログ画像 181
てっぺんの星の代わりに、リース(ハスカップの葉)
ブログ画像 180

電飾を飾って完成~!
ブログ画像 183


壁に飾ってあるリースは、加工体験担当スタッフの作です
ブログ画像 185

お料理を並べる提供台もクリスマスカラーに衣替え
ブログ画像 187

そして・・・やっと雪景色になりましたー!
ブログ画像 186


クリスマスメニューもぞくぞく決まってきました!
・知床鶏のローストチキン
・ほたてときのこのクリームスパゲティー
・牛すね肉のとろとろシチュー
・苺のロールケーキ     などなど...

〈料金〉
大人:2300円
シルバー(70歳以上):2000円
子供:1100円
幼児(4才以上):500円
3才以下:無料

お子様にはクリスマスプレゼントをご用意しております!

クリスマスディナーのご予約も少しずつ入ってきています。
まだまだお席をご用意できますので、ご予約お待ちしております~

追記・・・12月23・24・25日のクリスマスディーナーのご予約は
     おかげさまで満席となりました。ありがとうございます。





農家さんプログラム

今日の調理加工体験は、農家さん直伝プログラム「お料理に便利な万能タレと牛の初乳でカッテージサラダを作ろう」でした。
講師は昨年味噌作りを教えていただいた酪農家の小林さん。

まずは新鮮な「初乳」でカッテージチーズ作りから。

1127初乳←牛乳に比べてかなり黄色い色にびっくりしました。

小林牧場では毎日のように牛のお産があるそうです。赤ちゃん牛のためのミルクを4ℓほどいただいちゃいました。

1127タレ作り21127カッテージ21127カッテージ3

各テーブル教えてもらった通りに作ったのですが、できあがりの色みや味が少しずつ違ったのでお互いに味見をさせてもらいました。ミルクの甘みが際立つ美味しいカッテージチーズができました。
チーズ作りの際に出るホエーももちろんいろいろなお料理に活用できますが、今日はご飯を炊きます。
炊飯器をセットし、いよいよ万能タレ作りです。

江別市の農家に40年前から伝わる万能タレで、小林さんが誰かに教えるとアンコールの希望が多い自慢のタレだそうです。

1127タレ作り3←香味野菜などの材料をきざんでミキサーにかけ、醤油やゴマ油とともに火にかけます。

1127タレ作り41127タレ作り5

1127タレ作り81127タレ作り71127タレ作り9

甘じょっぱくてスパイシーで美味しい予感がします。

できあがりはサラダのドレッシングとして試食します。
野菜を切ってサラダができ上がったところで、ちょうどご飯も炊けて「いただきます」となりました。

1127タレ作り101127タレ作り111127タレ作り12

保存ができていろいろなお料理に使える万能ダレ。
40年間も地域に伝わる味を今日参加した皆さんにも引き継いでいってもらえるとうれしいですね。

レストラン便り

今週のレストランには、この様な野菜が入荷してきました!
ブログ画像 173ブログ画像 175
左:美々菜(ミニ白菜)
右:辛み大根
ブログ画像 171
むかご

最近よく赤や紫色の大根が入ってきて、色どりがきれいでレストランが華やかになります(^^)
切った断面はこんな感じ↓
ブログ画像 176ブログ画像 177

ブログ画像 174
『白菜と辛み大根のみぞれ和え』になりました!
酢と一緒に和えたので、紫色からピンクになり、とてもキレイな一品になり人気でした☆

美々菜は週末のサラダコーナーのおススメ野菜
ブログ画像 172ブログ画像 169
生でも、熱を加えても、甘みがあり、とても美味しい野菜で
1回で使いきれる大きさなので、とてもおススメです!

ブログ画像 170
そして『むかご』!!

むかごとは、ヤマノイモ科ヤマノイモ属の野菜の(自然薯・ながいも等)
葉のつけ根(地上)にできる『球芽』です。
このむかごは、ヤマノイモの栽培に利用されます。

去年は炊き込みご飯と一緒に炊いてお出ししていましたが、
(ちなみに、零余子飯[むかごめし]は秋の季語です!)
今年は塩茹でして、サラダコーナーでトッピングとしてお出ししました(^^)
「むかごはクセがあって苦手・・・」
という方も、トッピングとしてなら食べやすくなっているので
次並んでいる時は、是非召し上がってみて下さい!

杜の恵みでフレーム作り

体験農場横の調理加工体験棟では、初めてのプログラム「杜の恵みでフレーム作り」が行われました。
くるるの杜の体験農場や水田、杜から集めた、たくさんの実物(みもの)を使って、オリジナルのフレーム(額縁)を作りました。

コピー ~ P1090936







材料の説明の後は、木のフレームに稲わらを貼る作業からスタートです。
参加者の皆さんは真剣に講師の説明と手元を見ていました。
コピー ~ P1090890コピー ~ P1090896コピー ~ P1090898







枠を作った後は、いよいよ実物をつけていきます。
自分たちの好きな実物を選んで、ちょっとしたコツを講師役のスタッフから教えてもらって、フレームに貼っていきました。
コピー ~ P1090909







コピー ~ P1090911コピー ~ P1090913






作業をしている子どもたちはもちろん、大人も真剣になっていました。


できあがったフレームの中にくるるの杜の風景写真をいれて、記念撮影です。
コピー ~ P1090921コピー ~ P1090923コピー ~ P1090924







コピー ~ P1090925コピー ~ P1090929コピー ~ P1090931







同じフレームを使って、同じ実物を使っても、できあがりは違うところがクラフト体験の面白いところだと思います。


フレーム作りの体験は明日までですが、来週は「杜の恵みでリース作り~クリスマスバージョン~」が始まります。
12月のお部屋に飾ってはどうでしょうか?皆さんの参加をお待ちしております。

バターとでん粉作り

昨日今日とお天気が良く、先週の雪もすっかり消えてしまいました。

1124サイロ1124

昨日は祝日で農作業体験に多くの子供たちが参加し、午前中はバター作り、午後からはでん粉作りをしました。

どちらもまずはクイズなどで楽しく原材料のお勉強をします。
例えばバターの原料となる牛乳に関する問題は「牛乳と大根、水分が多いのはどっち?」
さて、どちらでしょう。

1123バター1

生クリームをビンに入れてバター作りを始めます。

1123バター31123バター21123バター4

1123バター51123バター61123バター7

一生懸命ビンを振っているとある時感触が変わります。もうすぐバターができますよー。

1123バター81123バター91123バター10

バター作り始める前に蒸かしておいたじゃがいもにバターをたっぷりつけて味わいました。

午後はでん粉作りのプログラム。

こちらはクイズとお勉強のあと、原料のじゃがいもの皮をむいてすりおろします。
「疲れたよー」といいながら大きめのじゃがいもを3個がんばりました。

1123でん粉11123でん粉2

すりおろしたじゃがいもをお水の中で絞ってしばらく置いておくと白いでん粉が下に沈んでいきます。

1123でん粉41123でん粉31123でん粉5

何度かお水を取り替えて、ペーパータオルで水分を取ったらほぼ出来上がりです。

1123でん粉61123でん粉71123でん粉8

自分で作ったでん粉を「でんぷんがき」にして食べました。白かったでん粉が透明に変わる瞬間にびっくり!
きなことお砂糖を加えて食べました。

1123でん粉91123でん粉10

小さい子供たちが「でんぷんがき」を食べてくれるかどうか心配でしたが、なんと!
「おいしい!」「ずっと食べていたい!」といってくれてスタッフはひと安心でした。

調理加工体験は今月2回目のキムチ作り。
少しでも「造り家」佐藤さんの味と技を伝授していただこうと皆さん真剣でした。

1123キムチ21123キムチ41123キムチ5

作ったキムチは5~7日後に食べ頃になるそうです。
楽しみですね。






記事検索